パターヘッドで位置を示しながらマーカーを交換した|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > パターヘッドで位置を示しながらマーカーを

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問パターヘッドで位置を示しながらマーカーを交換した

ボールマーカーにコインを使っていたところ、あるホールで同伴プレーヤーから「キラキラして気になるから、プラスチック製に換えて」とお願いされました。そこで、パターヘッドを使って位置を示しながらマーカーを交換しました。違反ですか?

グリーン上でボールを拾い上げる時、ヘッドやティを置いてボールを一時的に拾い上げても違反ではない。

回答マークの方法としてその箇所にクラブのトゥを置くことは可能

プレーヤーは、ボールマーカーをコインから他のモノに取り替えるときに、一旦、ボールをリプレースする手順を省き、直接交換した。ただし、その際には、元の箇所をパターヘッドの先で指しながら行った、という。

ルール上、問題はないのだろうか?もともと規則には、「拾い上げる前にその球の位置をマークしなければならない」とだけ書かれている。そして、マークの仕方ついては、規則文ではなく、注意として「拾い上げる球の位置は、ボールマーカー(小さなコインや同様の物を含む)を球の真後ろに置いてマークするべきである」と示唆するのみである。

そこでR&Aの裁定集を確認すると、「次の例は球の位置をマークする方法として勧められないが、許されている方法である」として、ボールマーカーを置く代わりに、「ティを使用する」「ルースインペディメントを使用する」といったモノに加え、「球のヨコや後ろにクラブのトゥを置く」という例が示されている。

ということだから、ボールがあった元の箇所にパターのトゥを置き(=この時点でマークが成立)ながら、ボールマーカーを交換することは、勧められた行為ではないが、規則違反にも当たらない。

『ALBA 719号(2017年2月23日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!