プレーの線上、バンカー内の枯葉を取り除きたい|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > プレーの線上、バンカー内の枯葉を取り除き

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問プレーの線上、バンカー内の枯葉を取り除きたい

ボールはグリーン奥のバンカーの先のラフに止まっていました。幸いそのバンカーは浅く、パターグリーンに乗せられそうでした。ところが、バンカー内のプレーの線上にルースインペディメントの枯葉が落ちていました。この枯葉は取り除けますか?

ボールがバンカーの外なら、バンカー内のルースインペディメントを取り除ける。

回答球はバンカー外なのでプレーの線の改善がない限り取り除ける

まず、ルースインペディメントに関する規則23を見ると、「ルースインペディメントと球の両方が同じハザード内にあるか、またはそのハザードに触れている場合を除き、どのようなルースインペディメントも罰なしに取り除くことができる」とある。

ここでは、ボールはバンカーの先のスルーザグリーンに止まっていたとあり、ハザード外なので、規則23には該当しない。なので、バンカー内のプレーの線上にある落ち葉や小石など、ルースインペディメントは取り除くことができる。

しかし、それらを取り除くのではなく、例えば小石を踏み付けたり、パターソールで押し付けるなどした場合は、規則13―2で禁止されている「プレーの線の改善」に当たり、2罰打が科せられる。

ちなみに、同様のケースで、プレーヤーがバンカー内をパターでコロがすアプローチが可能なのか、バンカーの状態をテスト(例えば、プレーの線上ではない、バンカー内の砂を踏み付けてみて、砂の面の固さを確認)する行為について、R&Aは「プレーヤーの球がハザード内にある場合を除き、プレーヤーがハザードの状態をテストすることを禁止する規定はないが、もしテストしたことによってプレーの線が改善された場合には、プレーヤーは規則13―2の違反となる」と裁定。

やはり「プレーの線の改善」がない限り、ハザードの地面の状態のテストは可能 としている。

『ALBA 718号(2017年2月9日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!