動かせない障害物で救済したドロップの球が元の場所に戻った|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 動かせない障害物で救済したドロップの球が

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問動かせない障害物で救済したドロップの球が元の場所に戻った

スタンスが排水溝にかかるため、「動かせない障害物」からの救済を選択。ルールに従ってドロップをしたのですが、バウンドが悪く、ボールは元あった場所とほぼ同じ地点に止まってしまいました。この場合は再ドロップができるのでしょうか?

救済を受けてドロップしたボールが再び、障害のある場所で止まった場合は再ドロップする必要あり

回答結果的に依然障害が生じているはずなので再ドロップ

動かせない障害物」からの救済は、スルーザグリーンでは、まず「救済のニヤレストポイント」を求めなければならない。つまり、その障害を避けられる、ホールに近づかないエリアにあって、かつボールが止まった位置から最も近いポイントを決定する。

 次にそのニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかないエリアに、そのボールをドロップしなければならない。

 そして、そのボールが止まった位置だが、最も気になるのは、先の条件にある「救済のニヤレストポイントよりも前(=ホールに近づく方向)に出ていないか、ということだろう。もちろん、前に出ていた場合は再ドロップをしなければならない。また、ドロップした地点から2クラブレングス以上コロがって止まった場合も、再ドロップとなる。

 さらに、規則20―2c「再ドロップを要する場合」には、再ドロップとなる他の要件が示されており、当然そのひとつに「動かせない障害物による障害のある場所に、またコロがっていって止まった場合」がある。

 このケースは、ボールがほぼ元の位置に戻ったということだから、これに該当するはず。規則に従って、再ドロップをしなければならない。

『ALBA 715号(2016年12月22日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!