球が他のバンカーに止まったあと、バンカーの砂に触れた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > 球が他のバンカーに止まったあと、バンカー

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問球が他のバンカーに止まったあと、バンカーの砂に触れた

ガードバンカーからのショットがホームラン。ボールは反対側のバンカーに飛んでしまいました。バンカーをならす前に、練習スイングを2〜3度したところ、うち1回が誤ってバンカー内の砂に触れてしまいました。これは違反になりますか?

バンカーからのプレー後に練習スイングでクラブが砂に触れても問題ない。これはプレーしたボールが別のバン

回答ボールを打ち終えたバンカー内なので、違反にはならない

プレーヤーは、ガードバンカーに止まったボールを“ホームラン”。ボールはグリーンの反対側の、別のバンカーに入ってしまった。このミスがよほど悔しかったのか、プレーヤーはその場でバンカーショットの練習スイング。素振りを2度、3度と繰り返したところ、うち1回がバンカーの砂に触れてしまったというのだ。

規則上(規則13―4)、ボールがバンカー内にあるときは、a「そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること」、b「そのハザードの地面に自分の手やクラブで触れること」、c「そのハザード内にあるか、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと」が禁止されている(違反した場合は2打罰)。

そこでこのケースだが、まず「c」には抵触しない。また、「b」も、砂に触れたバンカーには既にボールがないので、これにも違反しない。

問題は「同じようなバンカー」にも適用される「a」のケースだが、同規則の例外に、「プレーヤーがあるハザードからプレーし、その球が他のハザード内に止まった場合、ストロークを行ったハザード内で行われた引き続いての行為には適用しない」とある。つまり、バンカーショットのボールが他の同じようなバンカーに止まった場合、ショットを行ったバンカー内では、どのような行為も「ハザードの状態のテスト」には当たらないので無罰となる。

『ALBA 713号(2016年11月24日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!