グリーン上、キャディが置き戻したボールをそのままパット|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > グリーン上、キャディが置き戻したボールを

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問グリーン上、キャディが置き戻したボールをそのままパット

グリーン上、拾い上げたボールを共用キャディに渡し、拭いてもらったのですが、キャディはボールを元の場所に置き戻していました。でも、アライメントが狙うラインにピタリと合っていたので、そのままパットをしてしまいました。違反でしょうか?

キャディがグリーン上に置いたボールをそのまま打つとペナルティになる場合がある。

回答リプレースをする資格のないキャディがリプレースしたことに

まず、グリーン上で(のちにリプレースする)ボールを拾い上げることができるのは、プレーヤー、もしくはプレーヤーが認めた人に限られる。キャディも、例えばプレーヤーから「バンカーをならしておくから、先にボールを拭いておいて」といったような要請がなければ、勝手に拾い上げることはできない(規則20―1)。

次に規則20―3aにより、リプレースできるのは「プレーヤー」、もしくは「そのボールを拾い上げたり、動かした人」となる。つまり、先の規則20―1で(拾い上げを)プレーヤーに認められ、拾い上げた人はリプレースできるのだ。

そこでこのケースだが、ボールの拾い上げはプレーヤーが行っているので、キャディリプレースする資格はない。

ここからは競技委員に裁定を仰ぐべきだが、R&Aは似たようにケースに対し、「キャディが初めの位置に球を置いていた場合、強い反証がなければ、そのキャディは球をインプレーにする意図があったものと推定される」と裁定(裁定20―4/2)している。

つまり、リプレースする資格のないキャディが、ボールを元の場所に置いた場合は、(ルールに反して)インプレーにするためにボールをリプレースしたと判断される。その場合、規則20―6により、ストローク前に改めて拾い上げ、プレーヤーが正しくリプレースし直さなければ1罰打の付加となる。

『ALBA 711号(2016年10月27日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!