左打ちにして救済を受けた球をドロップ後は右打ち|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 左打ちにして救済を受けた球をドロップ後は

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問左打ちにして救済を受けた球をドロップ後は右打ち

自分のボールは大木の根元にあって、左打ちで打つしか仕方のない状況でした。でも、そうするとスタンスカート道路にかかるので「動かせない障害物」からの救済を受けました。そして、救済後のボールは普通に右でストローク。ルール上の問題は?

左打ちするのが合理的な状況であれば、道路などの救済は左打ちとして受けられる。

回答左打ちが合理的であれば救済が受けられ、救済後は右打ちが可能

まず、「動かせない障害物」からの救済に、次のような例外規定がある(規則 24―2b)

動かせない障害物による障害が明らかに不合理なストローク、不必要に異常なスタンススイングやプレーの方向をとることによってだけ生じるような場合」は、救済されない。

これを逆に言えば、変則的なストロークでも、状況上、合理的な選択であれば、その結果、障害が生じたときは救済を受けられる。だから、この場合もプレーヤーがその場でできる最善のストロークが左打ちであれば、その結果、カート道路による障害が発生したときは救済を受けられる。

そのうえで、R&Aは同様のケースを次のように裁定している。

「質問のケースでは、左打ちを行うことが合理的であるのでプレーヤーが救済を受けることは認められる。この場合、プレーヤーは左打ちのプレーヤーとして救済を受けるのが正しい処置である。ただし、そのあとで、プレーヤーは次のストロークを平常の右打ちで行うことができる」

つまり、「救済のニヤレストポイント」や「救済のドロップ地点」はレフティとして処置すべきだが、救済処置後は右打ちに戻して構わないということだ。

『ALBA 709号(2016年9月21日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!