バンカーショットがOBドロップをする前にショット跡をならす|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカーショットがOBドロップをする前に

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカーショットがOBドロップをする前にショット跡をならす

フェアウェイバンカーから打ったショットがシャンク気味で右サイドのOBへ。打ち直しのドロップですが、そのままでは窪みのライになってしまいます。ドロップの前にバンカー内のショット跡をならしても問題ないのでしょうか。

プレーされたボールがハザードの外にある場合は、バンカーの砂をならして問題ない。

回答バンカーから球がバンカー外に出た後は砂はならして良い

まず、ボールがハザード内にある場合、あるいはハザード内から一旦拾い上げられたボールが、あとでそのハザード内でドロッププレースされる場合、プレーヤーは規則13―4によって、「そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること」、「そのハザード内の地面や水に自分の手やクラブで触れること」「そのハザード内、またはそのハザードに触れているルースインペディメントに触れたり、動かすこと」は禁止されている(この規則違反に対するペナルティは2罰打)。
しかし、同規則には例外が設けられており、その2番目に、「ハザードからプレーされた球がそのストローク後にそのハザードの外にある場合、プレーヤーは制限なしにそのハザード内の砂や土をならすことができる」とある。
このケースがまさにこれで、バンカー内からプレーされたボールは、その外にあるので、プレーヤーは砂をならすことができる。
また、同規則が禁止しているのは、ボールがハザード内にあるか、ハザード内から拾い上げられて次にそこにドロップ(もしくはプレース)される場合である。ここでは、ボールはそのハザード内になく、またそのハザードから拾い上げられたボールでもない。
つまり、そもそも規則13―4が適用されるシチュエーションではない。
バンカーショットがOBの場合、ドロップ前に砂をならして構わない。
『ALBA 707号(2016年8月25日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!