球をリプレースする際、マーカーの少し前から手前に芝を擦って置く|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 球をリプレースする際、マーカーの少し前か

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問球をリプレースする際、マーカーの少し前から手前に芝を擦って置く

グリーン上でボールをリプレースするとき、ボールマーカーの少し前にボールを置き、そこから芝の上を擦るように手前に引いてリプレースするゴルファーがいました。ライを変えたり、ライン上の芝の改善はありませんが、ルール上の問題は?

グリーン上でパットの線に触れることは禁止。マークして拾い上げる際やリプレースする際は触れることができ

回答リプレースの際にはパットの線に触れることが許されている

「なくて七癖」。人にはいろいろと癖があるようだ。ゴルファーにも、よく観察するといろんな癖が見えてくるらしい。

 このケースも一種の癖なのだろう。グリーン上でボールをリプレースする際に、マークの少し先にボールを置いて、そこから芝の上を滑らせるように手前に引き寄せ、ボールを置くというのだ。だが、ボールを押さえつけるわけではないので、ライが変わったり、ライン上の芝の状態を改善するようなことはない。

 はたして、こうしたリプレースの動きは許されるのだろうか?

 ルール上、「パットの線に触れること」は、基本的に禁止だが、「球を拾い上げたりリプレースしたりするとき」は触れてもよいことになっている(規則16―1a)

 そのため、質問のケースについても、R&Aは「球の拾い上げやリプレースの際にパットの線に触れることが許されている以上、違反ということにはならない」と裁定している。

 ただし、続けて「プレーヤーがパッティンググリーンに何かをする過程でパットの線を改善(例、毛羽だっている芝玉を押しつける)した場合は規則13―2の違反となる」として、プレーの線の改善で2打罰になるとしている。

『ALBA 703号(2016年6月23日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!