目標方向に向けて置いたクラブに合わせてスタンスをとった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > 目標方向に向けて置いたクラブに合わせてス

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問目標方向に向けて置いたクラブに合わせてスタンスをとった

仲間の一人が途中でティショットアドレスの向きに自信がなくなり、クラブを一本、目標方向に合わせて置き、それに沿ってスタンスをとりました。もちろん打つ前に拾い上げて取り除きましたが、これは競技では違反になるのでしょうか?

コース内でもストローク前に取り除けば問題はないが、プレー遅延の恐れがあり、避けるべき。

回答ストロークの前に取り除いているので、基本的には無罰

目標方向にクラブやアライメントスティックを置き、それに合わせてスタンスをとり、アドレスの方向を確認する。遊びのゴルフや練習ラウンドで行われることだが、これを競技で行った場合はどうなる? 規則上は、ストロークを行う前に取り除けば、違反にはならない。「プレーヤーがプレーの線を示す目的で置いたり、プレーヤーも承知の上で置かれたマークは、ストロークする前に取り除かなければならない」と規則にあるからだ(規則8―2a) 同様に、足元ではなく、目標方向に当たる前方に目印(いわゆるスパット)を定め、それに合わせてアドレスすることがある。この場合の目印も、(もともとあった自然物なら問題はないが)そのために置かれたモノであれば、ストローク前に取り除かなければ、同規則違反で2罰打の付加となる。 また、このケースではストロークする前にクラブは拾い上げられているが、例えばティグラウンドの芝の上にクラブの線が残っていた、といった場合は、やはり同規則違反を問われる可能性がある。 こうした行為は、プレーの遅延にもなりうる。マナーの点からも競技では避けるべきだろう。 『ALBA 701号(2016年5月26日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!