ボールの近くにある地面にくい込んだ石を取り除きたい|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ボールの近くにある地面にくい込んだ石を取

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ボールの近くにある地面にくい込んだ石を取り除きたい

ティショットのボールは林の中へ。すぐに見つかったのですが、ボールのそばに直径3センチほどの石があり、ストロークの邪魔になりそうでした。そこで動かそうとしたところ、一部が地面にくい込んでいました。取り除きたいのですが?

石は、どれくらい地面にくい込んでいるかで扱いが変わる。

回答その石が簡単につまみ上げられるなら無罰で取り除ける

基本的に、石はルースインペディメント(ルースインペディメントとボールの両方が同じハザード内にある場合を除き)で、どのようなものも無罰で取り除くことができる。 だが、これには例外があって、石でも「地面に固くくい込んでいるもの」はルースインペディメントではなく、地面の一部として処理しなければならない。ここで問題は、「地面に固くくい込んでいる」とは、どういった状態か、ということだ。 それについてR&Aは、「石の一部が土の中に入っていても簡単につまみ上げることのできる場合はルースインペディメントである。地面に固くくい込んでいるかどうかについて疑問がある場合は、その石は取り除くべきではない」と裁定している。 つまり、一部が地面にくい込んでいても、簡単につまみ上げられる石は「ルースインペディメント」、無罰で取り除くことができる。しかし、このケースのようにそれが不確かな状態ならば、動かそうとすべきではない。 なぜなら、動かしたあとで、それがルースインペディメントではなかったと競技委員に裁定された場合、プレーヤーは「ライの改善」で2打罰になる可能性があるからだ。 『ALBA 700号(2016年5月12日発売号)』より

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!