斜面に止まった球がアドレス後に風に押されて動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 斜面に止まった球がアドレス後に風に押され

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問斜面に止まった球がアドレス後に風に押されて動いた

強い風が吹くなか。芝が枯れた、ややきつい斜面に止まったボールにアドレスした直後、風のためか、ボールが自然に動き出してしまいました。ヘッドはボールに触れておらず、アドレスは慎重に行いました。このような場合のペナルティは?

直接的にボールを動かした場合のみ1罰打を科せられる

回答アドレス後でもプレーヤーが原因でなければ無罰

「止まっている球が動かされた場合」の規則18―2は、「プレーヤー、またはそのキャディや携帯品」によって球が動かされた場合に対する規定だが、昨年までは「18―2a通則」の他に、18―2bでは「アドレスしたあとで動いた球」という項目があり、プレーヤーのアドレス後に動いた場合は、基本的に「プレーヤーはその球を動かしたものとみなされ、1打の罰を受ける」となっていた(動いたボールはリプレース)。 ただし、同規則には例外があり、アドレス後であっても「プレーヤーが球を動かす原因となっていないことが分かっているか、ほぼ確実な場合、規則18―2bは適用しない」とされていた。 しかし、今回の改訂でこの18―2bの「アドレスしたあとで動いた球」の規則は廃止。その結果、プレーヤーのアドレス後であっても、ボールが動いた原因がプレーヤー側になければ、罰はなく、ボールはあるがままとなった。もちろん、(プレーヤーのアドレスに関係なく)プレーヤーが「球の動く原因となることをしたときは1罰打の付加で、動いたボールはリプレースしなければならない(規則18―2) なので、ボールが風(風は局外者ではない)に押されて、あるいは不安定な状態からボールの自重等で、自然に動いたことが確実であれば、プレーヤーは無罰。そして、ボールはあるがまま。コロがって止まったところで次のプレーを行わなければならない。 『ALBA 693号(2016年1月28日発売号)より』

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!