打とうとした瞬間、風で球がコロがり出したが、そのままスイングした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 打とうとした瞬間、風で球がコロがり出した

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問打とうとした瞬間、風で球がコロがり出したが、そのままスイングした

風が吹く日。フェアウェイから第2打を打とうとした瞬間、急に吹きつけた風でボールがコロがり出しました。打ちかけたスイングを途中で止めても違反になると思い、そのままストローク。結果はヒドイものでしたが、この後の処理はどうすれば?

回答1打罰の上、ストロークはカウントされ、ボールはあるがままとなる

アドレス後にボールが動いた場合、原因がプレーヤーになくても、規則18ー2bにより1罰打の付加で、動いたボールは基本的にリプレースとなる。さてこのケースだが、まず打とうとしたボールがコロがったところで1打罰。同条項で「プレーヤーがストロークを始めたあとや、ストロークのためにクラブを後方に動かし始めたあとに球が動き、その球をストロークしてしまった場合」は、あるがままと規定されている。それゆえ、このケースはストロークをカウントの上、1打罰でボールはあるがままとなる。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!