初球の手前にあった暫定球をプレーしたがそれが誤球だった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > 初球の手前にあった暫定球をプレーしたがそ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問初球の手前にあった暫定球をプレーしたがそれが誤球だった

ティショットOB方向に飛んだので、暫定球をプレー。初球を探す前に、手前にあった暫定球を再度プレー。ところが、初球(OBではなかった)のところへ向かう途中で暫定球が……。先に打ったのは誤球でした。このような場合の罰は?

回答「誤球のプレー」で2罰打の付加打数はノーカウント

 このケースでは、プレーヤーは単純に「誤球のプレー」で、2罰打の付加になると思われる。しかし、規則27-2c「暫定球を破棄すべき場合」には、次のような「注」も付記されている。

 「プレーヤーが規則27-2cに基づいて暫定球をプレーした場合、結果的に破棄することになった暫定球に対して行われたストローク数と、その球でのプレーのみに科せられた罰打はすべて無視される」

 まず、(このケースのように)初球があると思われる地点の手前に暫定球があれば、何度でもストロークすることができる。そして、初球がインバウンドで見つかれば、暫定球は破棄しなければならず、暫定球で行ったストローク数はカウントされない。

 これはよく知られたルールであろう。だが、この「注」には、さらに「罰打」も無視されるとある。

 ならば、このケースの「誤球のプレー」も取り消されるのか?

 ところが、R&Aの裁定では「罰を受ける。暫定球によるプレーについて受けた罰は(例えば、暫定球アドレス後に動いた場合の1罰打の付加)は通常取り消されることになるが、誤球のプレーに対する罰は別で取り消しとはならない」とされてある。

 ということで、このケースでは暫定球に対する打数はカウントされないが、「誤球のプレー」に対する2罰打は科せられる。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!