プレーヤー自らが傘を差したままパットをした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > プレーヤー自らが傘を差したままパットをし

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問プレーヤー自らが傘を差したままパットをした

雨の日のラウンド。ロングパットのボールがカップのふちでストップ。そばに置いた傘を拾い上げ、カップまで歩いていく間に広げ、そのままタップインしました。ルール上は問題ないと思いますが、実際はどうなんでしょう。

回答自分で自分を保護することは禁止されていない

 この場合は違反ではない。

 なぜなら、規則が禁じているのは「プレーヤーは物理的援助や風雨などからの保護を受けている間はストロークを行ってはならない」(規則14-2a)ということだから(違反した場合は2罰打の付加)。つまり、他の人から「物理的援助」や「保護」を受けながらストロークをしてはいけないということ。

 しかし、ここでは、プレーヤーは「保護」を受けたわけではなく、自分自身を(雨から)保護しながらプレーしたのであり、規則が禁止した事例には当たらない。

 R&Aの裁定では「規則14-2aは、自分自身で保護することを禁止するものではない」として、このように片手で傘を持ったままのストロークを認めている。

 同規則違反となるのは、例えばキャディに傘をさしてもらったままストロークをすることだが、他にもキャディが傘を横に広げてプレーヤーに吹きつける風を和らげたままストロークした場合。あるいは、まぶしい日差しをさえぎる位置に、キャディに立ってもらいながらストロークしたという場合は違反となる。

 しかし、既にその場所にいる人(例えば、ギャラリー)に対して、動くとラインに日差しが当たるので、「そのままじっとしてて」と依頼すること。逆に「ライン上の影が気になるので、そこから移動して」と依頼することはできるとしている。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「大王製紙エリエールレディスオープン」ライブフォト
今シーズンも残り2戦!「大王製紙エリエールレディスオープン 」の写真を現地からお届け!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米女子ツアー「CMEグループ・ツアー選手権」組み合わせ
畑岡奈紗が出場する「CMEグループ・ツアー選手権」の組み合わせはこちら
米男ツアー「ザ・RSMクラシック」組み合わせ
小平智が出場する「ザ・RSMクラシック」の各選手のスタート時間はこちら
今シーズン最終戦! 欧州男子ツアー組み合わせ
今シーズン最終戦! 欧州ツアー「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」の組み合わせはこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!