ひとつのプレーの間に複数の違反を行った場合のペナルティ|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > ひとつのプレーの間に複数の違反を行った場

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問ひとつのプレーの間に複数の違反を行った場合のペナルティ

グリーンが空くのを待つ間、同伴プレーヤーにこのホールの狙いどころについて尋ねたところ、「花道が安全」と教えられました。次に使用クラブを聞いたのですが、答えてくれませんでした。これが競技会の場合、ペナルティはどうなりますか。

回答「公正の理念」により罰打の重複はなく2罰打の付加となる

 まず、ゴルフ規則で規定される「アドバイス」とは、プレーヤーの「プレー上の決断」「クラブの選択」「ストロークの方法」に影響を与えるような助言や示唆のことを指す。

 そのうえで、プレーヤーがラウンド中に、

「そのコース上でその競技に参加している人にアドバイスを与えること」と、

「自分のキャディ以外の人にアドバイスを求めること」を禁止。違反した場合には2打のペナルティを科している。

 このケースでは、まずプレーヤーはグリーンの狙いどころを尋ねたのだから、これは「プレー上の決断」のアドバイスを求めたことになり、違反である。

 もちろん、それに応じた同伴競技者も同じ違反となる。

 続いて、プレーヤーはクラブ選択のアドバイスを求めており、これも同じ違反である。

 しかし、それに対して科せられるペナルティだが、このように「関連する行為が1つの規則に2回以上違反」した場合の罰打について、R&Aでは、「公正の理念(規則1-4)」により「1つの罰が適用される」と裁定している。つまり、罰打の重複はなく、プレーヤーは2打罰、同伴競技者も2打罰である。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!