ワッグルが原因で斜面に止まっていた球が動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ワッグルが原因で斜面に止まっていた球が動

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ワッグルが原因で斜面に止まっていた球が動いた

ボールは急な斜面に止まっていました。そこからどう打ったらいいのか考えながらワッグルを繰り返しているうちに、ヘッドがボールのすぐ後ろの斜面に触れ、それが原因でボールが動いてしまいました。この場合はどう処理すれば?

回答1打罰でボールはリプレース

 斜面に止まっていたボールが、ワッグルが原因で動いたわけだが、これにはもちろん「プレーヤーが止まっていたボールを動かした」ことに対するペナルティが科せられる。つまり、1罰打を付加したうえ、ボールはリプレースしなければならない。

 ちなみに、ワッグルが間接的な原因でボールが動いたのではなく、ワッグルしたクラブのヘッドがボールに当たった場合も、ワッグルストロークではないので、同じルールが適用される。

 ちなみに、ストロークとは「ボールを打って動かす意思を持って行われたクラブの前方への動き」をいう。

 なお、このときプレーヤーがリプレースを怠った場合には、規則18の違反で2罰打の付加となる。

 また、このケースでボールがワッグルではなく風によって自然に動いた場合は、前問にあるように、無罰でボールはあるがまま、動いた先から次のプレーをしなければならない。

 にもかかわらず、ボールを元の位置に戻したときは、プレーヤーがインプレーのボールを動かしたことになるので、やはり規則18-2a違反で1打罰となる。

 さらに、その後は、本来は風によって動かされた先にリプレースしなければならないのだが、それを怠ると規則18違反で2打のペナルティが科せられるので注意したい。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!