風で動き出しそうなボールをパターのヘッドで押さえた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 風で動き出しそうなボールをパターのヘッド

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問風で動き出しそうなボールをパターのヘッドで押さえた

グリーン上で、アドレスした直後に強風が吹きつけ、ボールがブルブルと揺れだしました。そのままだとコロがり出しそうだったので、思わずパターのヘッドで、上からボールを押さえつけ、動かないようにしました。ルール違反になるのでしょうか?

回答プレーヤーが故意に球に触れたことになり1打罰

 この場合、結果的にプレーヤーは規則18-2の「故意に(=偶然ではなく)球に触れた(アドレスの際にクラブがボールに触れたときを除く)」違反となり、1打の罰打が加えられる。「触れた」ことが問題なので、ボールが動いたかどうかは関係ない。

 ちなみに、故意ではなく偶然であれば同規則違反にはならない。例えば、アドレス後、ボールのすぐ後ろに置いたクラブに、風で揺れたボールがコツコツと触れた、というようなときは、ボールが動いていない限り無罰である。

 ちなみに、アドレス後、風によって動き出したボールが、すぐ後ろにセットしてあったクラブに当たって止まった、という場合は、規則19-2「プレーヤー、またはその携帯品により、球が止められた場合」の違反となり、1打罰となる。そして、そのボールはあるがまま、止められた位置からプレーしなければならない。

 もちろんアドレス後であっても、ボールが風によって動いたのであれば、そのこと自体はプレーヤーの責任ではない。だから、クラブに当たらなければ無罰で、そのボールはやはり動いた先から、あるがままでプレーしなければならない。

【参考規則18-2、19-2】

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「HEIWA・PGM Championship」ライブフォト
「HEIWA・PGM Championship」の様子を沖縄からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!