ボールのない隣のバンカーでショットの練習|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > ボールのない隣のバンカーでショットの練習

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問ボールのない隣のバンカーでショットの練習

ボールがあるバンカー内では、クラブを砂に着けることはできません。そのことは知っていますが、では、砂の固さを掴むために、隣のバンカーでクラブを砂に打ち込んで素振りをするのも、やはり違反なのでしょうか。

回答規則上、似たようなバンカーのテストも禁止されている

 これはもちろん、ボールがハザードにある場合に禁止されている「ハザードの状態のテスト」に当たり、2罰打が付加される。

 というのも、その規則には禁止されている事項として、次のように記されている。 「そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること」

 つまり、実際にボールのあるハザードだけではなく、それに似たハザード面をテストすることも禁止されており、隣のバンカーはまさにそれに当たる。

 なお、同ルールでは、ボールがあるハザードの地面にクラブで触れることは禁止されているが、同じようなハザードに触れることは禁止していない。だが、R&Aは「類似のハザード内で練習ストロークを行うときにクラブで砂に触れること」は、やはりハザードの状態のテストとみなされ、違反になると裁定している。

 ゴルフではストロークを行う前に、グリーンの速さだったり、芝の目の向きであったり、今回のケースのようにバンカー面の固さや砂の状態などをテストすることは一切認められていない。それを判断する力もゴルファーに求められる能力のひとつであり、競技の一部と考えられているからだ。

【参考規則13-4】

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!