バンカー内で一度スタンスを外し再度取り直した|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内で一度スタンスを外し再度取り直

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内で一度スタンスを外し再度取り直した

バンカー内で、スタンスを取ったのですが、向きが合っていない気がしたので、一度スタンスを外し、取り直しました。そのことについて、同伴プレーヤーから「砂質をチェックした違反になるかも」との指摘が。本当でしょうか?

回答スタンスの取り直しは認められている

 ご存じのように、ボールがハザードにある場合、プレーヤーはそのハザードの状態をテストすることは禁じられている。これに違反した場合は2打罰が科せられる。

 この質問にあるケースの同伴競技者も、このテストに当たると“みなされかねない”と指摘したのだろう。

 しかし、R&Aの裁定では、「プレーヤーがバンカーに限らずその他の所でもスタンスをとるとき両足をしっかりと地面に据えることを認めている。バンカー内でクラブを取り替えたり、スタンスを2度とることを禁止する規定はない」として、スタンスの取り直しで「ハザードの状態のテスト」と見なされることはないと明記している。そして、このプレーヤーには、実際にテストをする意図はなかったので、同伴競技者が指摘したような恐れはない。

 ちなみにR&Aの裁定では、たとえクラブを持たず、素振り練習のためにバンカー内に入ってスタンスを取っても、「クラブこそ手にしていなかったけれども、ストロークを行おうとして足の位置を決めたことに当たる」として、これをスタンスを取る正当な動きと解釈、やはり「ハザードの状態のテスト」には当たらないとしている。

【参考規則13-3】


【結論】
スタンスを取り直す行為は、砂質のテストと見なされることはない。納得いくまでスタンスを調整してもいいが、スロープレーには注意しよう

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!