ティグラウンドのディボット跡に目土を撒いて整地し、スタンスをとる|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > ティグラウンドのディボット跡に目土を撒い

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問ティグラウンドのディボット跡に目土を撒いて整地し、スタンスをとる

ティグラウンドが荒れていたので、前が空くのを待つ間、ディボット跡などに目土を撒いて整地。そして、その整地したところにスタンスをとってティショットをしました。これって、ルール違反の「スタンス区域の改善」にあたるのでしょうか?

回答ティの整地はスタンス区域の改善の違反にならない

 これがティインググラウンドでなく、スルーザグリーンであれば、もちろんプレーヤーは2罰打の付加となる。

 プレーヤーは意図するスタンススイングの区域を、地面を盛り上げたり、地面の凸凹を直すことで、自分で改善したり、改善されるのを許してはならないからだ。

 ところが、次のような例外規定がある。「ティーインググラウンド上で地面を盛り上げたり、地面の凸凹を直しているとき」。

 つまり、ティインググラウンドを整地した結果、意図するスタンススイングの区域を改善したとしても、プレーヤーに罰はないと規定されているのだ。それゆえ、このケースもプレーヤーに罰はない。

 実際、普段のラウンド中でも、ティショットの順番を待つ間に、ハウスキャディがティインググラウンド目土を撒くなどして整備する姿を見たことがあるだろう。プレーヤーの整地が認められないのであれば、当然、キャディの場合も違反となり、こうしたメンテ作業はできないことになる。

 なお、R&Aの裁定では、ティインググラウンド上の凸凹ではなく、ティアップしたボールのすぐ後ろの芝をむしったり、引き抜く。あるいはボールの後ろの芝を押さえるといった行為も違反にならないことが示されている。

【参考規則13-2】


【結論】
特にショートホールのティグラウンドにはディボット跡が大量にある。それらはショット前に目土をしても、ルール違反にはならない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!