ショットに邪魔な白杭を抜いたが打つ前に元に戻した|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ショットに邪魔な白杭を抜いたが打つ前に元

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ショットに邪魔な白杭を抜いたが打つ前に元に戻した

ボールはOBラインぎりぎりに止まっていました。ただ、OBの白杭が近くにあって、それがストロークの邪魔だったので、引き抜いたところ、同伴プレーヤーから「違反になる」との指摘。ショットの前に元の位置に戻せばOKですか?

回答白杭は固定物だから動かした時点で2罰打の付加

 このケースでは、白杭を動かしたままストロークしようが、ストローク前に元の位置に戻そうがルール上は関係ない。動かした時点で違反が認定され、プレーヤーは2罰打の付加となる。というのも、白杭はOBゾーンであることを示す表示杭ではなく、「OBの境界を定める固定物」であるからだ。そして、固定物は「球はあるがままの状態でプレー」することを定めた規則13条により、それを動かしたり、曲げたり、折ったり、壊したりするなどして、「意図するスタンススイングの区域」、あるいは「プレーの線」の改善を行ってはならないと規定されている。

 それゆえ、白杭はプレーの邪魔になるからと動かした場合、その時点でルール違反が成立するので注意しよう。ちなみに、白杭が本来の垂直ではなく、斜めになっている場合でも、プレーヤーは「固定物」として扱わなければならず、ストロークの邪魔になるからと垂直に立て直すことはできない。

 もちろん白杭以外の赤杭や黄杭、青杭は固定物ではなく、表示杭であり、それがプレーの障害になったときは「動かせる障害物」として処理できる。ただし、プレー後は必ず元の位置に戻しておくこと。

 また、非力なためにその表示杭が抜けないというときは、「動かせない障害物」として処理することになる。

【参考規則13】


【結論】
スイングの邪魔になるからといって、「動かせない障害物」である白杭を動かすことはできない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!