救済でドロップしたボールがいいライに止まった|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 救済でドロップしたボールがいいライに止ま

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問救済でドロップしたボールがいいライに止まった

ボールがカート道路上に止まったので、救済のドロップをしたのですが、ボールはフェアウェイ側にコロがり出て(2クラブレングス以内)、とてもいいライに止まりました。結局、そのままプレーを進めたのですが、規則上の問題は?

回答条件を満たせばフェアウェイでもラフでもOK

 カート道路からの救済は、つまり「動かせない障害物」からの救済であり、その障害を回避できる箇所に無罰でドロップできる。このときのドロップ箇所の決め方だが、スルーザグリーンでは、最初に「救済のニヤレストポイント」を求めなければならない。救済のニヤレストポイントは、「ホールに近づかず、(そこにボールを置けば)その障害を避けてプレーできる、元のボールの位置から最も近いコース上の一点」。

 ニヤレストポイントが決まれば、次にそこから1クラブレングス以内で、救済のニヤレストポイントよりもホール(=カップ)に近づかないところにドロップすることになる。

 ただし、ボールが止まったところがハザードグリーンの場合、あるいはドロップ地点より2クラブレングス以上コロがったり、「救済のニヤレストポイント」や元あった地点よりホールに近づいた場合は、再ドロップしなければならない。

しかし、止まったところがスルーザグリーンであれば、そこがラフでもフェアウェイでも、構わない。

 つまり、ドロップの規定を満たしていれば、オリジナルのライよりも、ずっと条件のいいライになってもルール上問題ない。

【参考規則24-2】


【結論】
ドロップ地点から2クラブレングス以内など、条件さえ満たせば、ボールがコロがってフェアウェイに出たとしてもルール上問題ない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!