ドロップした球にアドレスするとスタンスが池にかかる|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ウォーターハザード編 > ドロップした球にアドレスするとスタンスが

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ウォーターハザード編

質問ドロップした球にアドレスするとスタンスが池にかかる

ボールがラテラルウォーターハザードの池に入ったので、規定のドロップをしたところ、スタンスが池にかかるので再ドロップ。今度は問題がなかったので、そこからプレーを続けました。正しい処置だったのでしょうか?

回答再ドロップの規定に違反しており2罰打の付加

 結論から言えば、規則20-2c「再ドロップを要する場合」に違反しており、2罰打が課せられる。

 同規則には再ドロップをしなければならないケースが7項目示されている。そこに「ハザード内に転がり込んで止まった場合」はあるが、「ハザードスタンスがかかった場合」という規定はない。ドロップをしたボールを打つ際のスタンスウォーターハザードの境界線にかかったというだけでは、その障害を受けたことにはならず、再ドロップは認められないのだ。

 ただし、このケースでもドロップしたボールが「コース上に最初に落ちた箇所から2クラブレングス以上転がっていって止まった場合」、あるいはエントリーポイント(ウォーターハザードの限界を最後に横切った地点)よりもピンに近い所に止まった場合は、再ドロップしなければならないので注意しよう。

 なお、「動かせない障害物」や「異常なグラウンド状態」(例えば、修理地やカジュアルウォーターハザード、モグラが作った穴や盛り土など)からの救済のドロップの場合は、今回のケースとはまったく別。ボールだけではなく、スタンスがその救済を受けた箇所にかかったときは、再ドロップをしなければならない。しっかりと違いを認識しておこう。

【参考規則20-2c】

【結論】
ボールが池に入り、規定のドロップをした場合は、そのボールを打つためのスタンスが池にかかったとしても、再ドロップは認められない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!