バンカーの砂に埋もれ、確認ができない球の正しい処理|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカーの砂に埋もれ、確認ができない球の

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカーの砂に埋もれ、確認ができない球の正しい処理

ボールはバンカー内の砂のなかに埋もれて、一部分しか見えず、自分のボールなのか確認できません。とりあえず拾い上げて確認後、元の状態に戻してプレーを再開しました。この処置でルール上、間違いなかったでしょうか

回答拾い上げる際には決められた段取りがあるので注意しよう

 バンカー内でも、誤球のプレーは2打罰である。そうならないよう、プレーヤーはボールを確認するためであれば、無罰で、砂に触れたり、砂を動かすことができる(バンカー内に限らず、コース上のどこであっても、同様に無罰で砂を動かしボールを確認することができる)。

 ただし、その場合は、ボールが自分のものと確認できたあと、プレーヤーは動かした砂をできる限りもと通りに戻し、ライを復元しなければならない。また、その際にボールが動いたとしても、やはり罰はなく、そのボールはリプレースし、ライをもと通りに戻さなければならない。

 このケースでは、プレーヤーはまず、ボールを拾い上げるのではなく、砂を少しずつ動かす確認作業をとるべきである。それでも確認できない場合―例えば、確認のためのマークにドロが付いているといったときは― 拾い上げることができる。

 しかし、その際には、プレーヤーは拾い上げる前に、同伴競技者にその意思を伝え、その同伴競技者に「ボールの確認とリプレースの過程」に立ち会う機会を与えなければならない。つまりは、さっさとひとりで勝手にやってはいけないということ。そして、ボールの位置をマークしてから、拾い上げることができる。違反したときはペナルティが課せられる。

 なお、この規則によって拾い上げたボールは、ボールの確認に必要な程度以上に拭くことはできない。

【参考1-2、規則12-1a】

【結論】
ボールが埋まっている場合、同伴者立ち会いのもと、砂を少しずつ取り去って確認するのが正解。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!