バンカー内の球のすぐ後ろにある小石を取り除きたい|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内の球のすぐ後ろにある小石を取り

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内の球のすぐ後ろにある小石を取り除きたい

バンカー内に止まったボールのすぐ後ろに小石が落ちていました。そのまま打つと間違いなくクラブは傷つきますし、万が一の場合は小石を周囲に飛ばす危険性もあります。取り除けないのでしょうか?

回答ゼネラルルールでは取り除き不可だがローカルルールに注意

 ルール上、小石はルースインペディメントに定義される。そして、ルール上、ボールがハザード内にある場合、そのハザード内にあるルースインペディメントは、触れることも動かすこともできない。違反した場合は2打罰となる。そのため、このケースも、ショットすれば確実にクラブに当たりそうな小石であっても、取り除くことは認められない。というのがゼネラルルールの規定。

 ただし、日本ゴルフ協会では、「バンカー内の石は、時として、プレーヤー自身だけでなく他のプレーヤーにとっても危険を意味することがある。(中略)のみならず、バンカー内の石はゴルフゲーム本来のプレーを妨げてもいる」として、バンカー内の石の拾い上げを許したほうが妥当と思われる場合には、「バンカー内の石は動かせる障害物とする」というローカルルールの採用を認めている。実際にそうしたゴルフ場もあるようなので、ローカルルールを確認してほしい。確かにバンカー内の小石は危険をともなう。また、バンカーはそれ自体がハザード(障害)である。これに、「石」という不公平に偏る障害をさらに加えることは、あまりにもアンフェアなのかもしれない。

【参考規則23ー1】

【結論】
確実に当たる位置に小石がある場合、ローカルルールでは小石の取り除きを認めている場合がある。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!