レーキを取り除いたらボールが動いた。リプレースしたいが…|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > レーキを取り除いたらボールが動いた。リプ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問レーキを取り除いたらボールが動いた。リプレースしたいが…

ボールが寄りかかっているレーキを取り除いたところ、ボールはコロがってバンカー内へ。リプレースしようにも傾斜が急なライなので、ボールは止まりません。このような場合、どのように処理すればいいのでしょう。

回答ホールに近づかず、球が止まる最も近い箇所にプレース

まず、この場合のレーキは「動かせる障害物」である。だからそのレーキを取り除くことによって止まっていたボールが動いた場合は、無罰でボールはリプレースできる。ところがこのケースでは、リプレースする場所が急傾斜のため何度やってもボールが上手く止まらないという。

その場合は、ボールが元あった位置からホールに近づかず、ハザード外でボールが止まる最も近い箇所にその球をプレースするのが正しい処理となる。

また、一旦はプレースができた(ボールが止まった)にもかかわらず、その後に動いてしまったときは処理が異なる。やはり無罰だが、ボールは傾斜のために自然に動いたと解釈され、ボールはあるがままの状態で次のプレーをしなければならない。

このケースであれば、バンカー内からのプレーになるのだろう。前述の場合と同じようにプレースしてしまうと、ペナルティが課せられてしまうので注意しよう。

もちろん、これはボールがプレース後に自然に動いた場合。プレース後、プレーヤーにボールが動く原因になるようなことがあれば、プレーヤーは1罰打の付加で、改めてリプレースされなければならない。

【参考規則24ー1、20ー3d、18ー2】

<ポイント>
バンカーレーキは「動かせる障害物」。レーキにボールがくっついたときは、レーキを取り除くことが許される

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!