ラフにあるボールのすぐ後ろの芝を踏みつけた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ラフにあるボールのすぐ後ろの芝を踏みつけ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ラフにあるボールのすぐ後ろの芝を踏みつけた

ボールがよく見えるようにするために、ラフにあるボールのすぐ後ろの芝を踏みつけました。もちろん、ボールは動かなかったのですが、同伴プレーヤーから違反だとの指摘が。本当に違反なのでしょうか?

回答意図するスイングの区域の改善となり2打罰となる

これは指摘されたとおり、違反で2打罰とするのが正解だ。

プレーヤーの認識としては、ボールを動かさなかったし、ボールが置かれているライの改善も行っていないのだから、大丈夫という思いがあったのかもしれない。

しかし、規則では「ボールの位置やライ」の改善だけではなく、「意図するスタンススイングの区域」の改善も禁止されている。

ボールのすぐ後ろの芝、しかもそれが、ボールが見にくくなるくらいの深さの芝であれば、当然、スイングの区域にあるラフであり、その状況を変えたことは同規則違反に当たる。似たような状況で、ラフからのストロークの際に、ボールにアドレスするとき、クラブがそれ自体の重みで芝を沈み込ます程度であれば問題ない。

だが、プレーヤーが力を加えて芝を押し倒すようなアドレスをすれば、やはり規則違反となる。同様の行為はラフに限らず、例えばフェアウェイでボールのすぐ後ろにあるディボット跡などの不整地に対し(クラブが軽く触れる程度のアドレスなら問題ないが)その凹凸を押しならすようなアドレスは許されない。ボールのライ、あるいはスイングの区域の改善にあたる。

【参考規則13ー2】

<コメント>
ボールの真下のライが変わらなくても、スイングに関わる区域を変えるような行為は許されない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「全米オープン」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、今平周吾、金谷拓実が出場! 海外メジャー「全米オープン」のリーダーボードはこちら。
松山英樹、石川遼ら出場! 全米オープンの組み合わせ
松山英樹、石川遼、金谷拓実、今平周吾が出場。「全米オープン」の組み合わせ表はこちら。
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
【全米OP】松山英樹のプレー詳細は一打速報でチェック!
「全米オープン」に挑む松山英樹。プレーの詳細を一打速報でチェックしよう!
「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせ
国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせはこちら。
シブコが出場! 米国女子ツアーのリーダーボード
渋野日向子ら出場! 米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」のリーダーボードはこちら。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!