池越えのアプローチ球は池を越えてから逆戻りして落ちた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 池越えのアプローチ球は池を越えてから逆戻

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問池越えのアプローチ球は池を越えてから逆戻りして落ちた

池越えのグリーンを狙った1打がわずかにショート。ボールはグリーン手前の斜面に当たって逆戻りし、池に落ちてしまいました。逆戻りしたときに、赤線を横切ったあたりにドロップしたのですが、正しくはどのようにすれば?

回答条件を満たす地点があれば対岸にドロップできる

ゴルファーであれば、ゴルフ歴や腕前に関係なくウォーターハザード(ラテラルを含む)に落ちたボールの処置、救済の仕方は熟知していなければならない。ゴルフをする以上は必ずしなければならない処置だからだ。

さて、このケースだが、池越えでグリーンオンを狙ったショットがややショートし、ボールは逆戻りしながら池の限界を示す赤線を横切って(以下、地点Aとする)池に落ちた。そこでプレーヤーは、地点Aの近くにドロップしたというのだ。

まず、ウォーターハザードの限界を示す線が「赤線」ということは、ここでは1罰打の付加で、ラテラルウォーターハザードからの救済のドロップをすることが可能ということだ。

つまり、条件を満たす場所があれば、池の手前ではなく対岸(グリーン側)にドロップすることができる。その条件とは、赤線の外側(グリーン側)に地点Aから2クラブレングス以内で、かつ地点Aよりピンに近づかない所があれば、そこにドロップできる(ルール上は、地点Aからピンまでの距離と等距離に、他の岸の赤線があれば、その岸の側でも同様のドロップができる)。

赤線であっても、この条件を満たす場所がグリーン側になければ、通常のウォーターハザードからの救済のドロップ、つまりピンと地点Aを結んだ後方線上にドロップ、もしくは最後にプレーした地点からの打ち直しのどちらかで処理しなければならない。

【参考規則26-1】

<ポイント>
池に落ちた地点から2クラブレングス以内で、かつピンに近づかない場所にドロップできる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」ライブフォト
今週は公式戦!「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」のライブフォトをお届け!
「ANAオープン」ライブフォト
今週は北海道!男子ツアー「ANAオープン」のライブフォトはこちら
丸山茂樹出場! 「コマツオープン」リアルタイム速報
国内シニアツアー「コマツオープン」のリーダーボードを配信中!
米男ツアー「ミリタリー トリビュート at ザ・グリーンブライヤー」速報
「ミリタリー トリビュート at ザ・グリーンブライヤー」の速報はこちら
谷原・宮里が出場!「KLMオープン」速報
谷原秀人、宮里優作が出場する欧州ツアー「KLMオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!