バンカー内で自分のショットのせいで同伴競技者の球が動く|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]バンカー編 > バンカー内で自分のショットのせいで同伴競

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]バンカー編

質問バンカー内で自分のショットのせいで同伴競技者の球が動く

バンカー内で自分のボールのすぐ近くに同伴プレーヤーのボールがありました。処置が分からず、そのままショットをしたところ、案の定、同伴者のボールは跳ねた砂の勢いで動いてしまいました。この場合のペナルティは?

回答誰にも罰はなく動かされた球はリプレースすればよい

プレーヤーは同伴競技者のボールを故意に動かしたわけではないので、このケースは単純に「局外者によって止まっている球が動かされた場合」に当たり、誰にも罰はない。そのうえで、動かされたボールはリプレースされなければならない。

このような状況では、プレーヤーは同伴競技者のボールがプレーの邪魔になるからという理由で(精神的に邪魔になるということでも良い)、ボールの拾い上げを要求することができる。もちろんその際には、同伴競技者はマークをしてから拾い上げなければならない。

また、同伴競技者はそのボールを拭くことはできない。

プレーヤーのバンカーショットの結果、同伴競技者ライが変えられたときは、ライを元の状態に戻してリプレースしなければならない。

また、プレーヤーのバンカーショットで、ボールが動かなかったが、ボールのライが変わる、例えばボールのすぐ後ろの砂が盛り上がって、ショットの際に気になるというような場合も、「公正の理念」(プレーヤーはオリジナルのライからプレーできる)により、その盛り上がった砂を取り除き、ボールが止まったときの状態に戻すことができる。

【参考規則18ー1】

<ポイント>
自分のボールを打ったことにより、同伴者のボールを動かしてしまっても罰はない。当然、打つ前にボールの拾い上げも要求できる

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!