同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤所からプレーした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤所からプレーした

グリーン上、同じボールマーカーを使っていた同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。彼がカートパターを取りに戻っている間に、彼のボール位置にプレースして打ってしまいました。どのようなペナルティになるのでしょうか。

回答誤所からのプレーでパットをした時点で2打罰になる

そのゴルフ場オリジナルのボールマーカーを使っていて、近い位置にマークされていれば、ありえる話だ。

さて、このケースだが、もちろんプレーヤーは「誤所からのプレー」をしたことになる。その場合は、誤所からストロークを行った時点で2罰打の付加となる。

そのうえで、この場合、ストロークされたボールはその時点でプレーヤーのインプレーになっている。だからそのストロークはカウントされる。つまり打ち直す必要はなく、誤所からプレーを続けたそのホールのスコアに2打罰を付加する形となる。

注意したいのは次のようなケースだ。プレーヤーが「誤所からのプレー」に気が付き、カップインしなかったボールを慌てて拾い上げ、自分の正しいボール位置にプレースした場合。ペナルティは、まず「誤所からのプレー」の2打罰は同じ。そのうえで、すでにインプレーのボールをマークせずに拾い上げたことになるので、さらに1打罰。そしてそのままパットを行うと、自分のインプレーのボールを動かした後、元の場所にリプレースしなかったことになり、さらに1打罰の付加となる。つまり、合計4打罰という重いペナルティになってしまう。

【参考規則20ー7】

<ポイント>
間違いに気付き、自分のボールマークの位置にプレースしてパッティングをすると、計4打罰の付加となるので要注意

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「TOTOジャパンクラシック」ライブフォト
日本で開催される米国女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」の写真を現地からお届け!
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!