同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤所からプレーした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。誤所からプレーした

グリーン上、同じボールマーカーを使っていた同伴者のマーカーを自分のものと勘違い。彼がカートパターを取りに戻っている間に、彼のボール位置にプレースして打ってしまいました。どのようなペナルティになるのでしょうか。

回答誤所からのプレーでパットをした時点で2打罰になる

そのゴルフ場オリジナルのボールマーカーを使っていて、近い位置にマークされていれば、ありえる話だ。

さて、このケースだが、もちろんプレーヤーは「誤所からのプレー」をしたことになる。その場合は、誤所からストロークを行った時点で2罰打の付加となる。

そのうえで、この場合、ストロークされたボールはその時点でプレーヤーのインプレーになっている。だからそのストロークはカウントされる。つまり打ち直す必要はなく、誤所からプレーを続けたそのホールのスコアに2打罰を付加する形となる。

注意したいのは次のようなケースだ。プレーヤーが「誤所からのプレー」に気が付き、カップインしなかったボールを慌てて拾い上げ、自分の正しいボール位置にプレースした場合。ペナルティは、まず「誤所からのプレー」の2打罰は同じ。そのうえで、すでにインプレーのボールをマークせずに拾い上げたことになるので、さらに1打罰。そしてそのままパットを行うと、自分のインプレーのボールを動かした後、元の場所にリプレースしなかったことになり、さらに1打罰の付加となる。つまり、合計4打罰という重いペナルティになってしまう。

【参考規則20ー7】

<ポイント>
間違いに気付き、自分のボールマークの位置にプレースしてパッティングをすると、計4打罰の付加となるので要注意

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!