打ったときは球を探し始めてから5分以上経っていた…|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 打ったときは球を探し始めてから5分以上経

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問打ったときは球を探し始めてから5分以上経っていた…

林の中に打ち込んだボールを何とか探し出し、慌ててリカバリーショットを打ったのですが、そのときに時計を見ると、ボールを探し始めてから5分をかなりオーバーしていました。どうすればいいのでしょうか。

回答5分以内に自分の球を見つけてさえいれば問題はない

ゴルフ規則上、プレーヤーやそのキャディがボールを探し始めてから5分以内に見つけることができないとき、あるいは自分のボールと確認できないとき(例えば、ボールが高い木の枝に乗り、見えてはいても自分のものと確認できないようなとき)、そのボールは「紛失球」になる。

この場合、探し始めてから5分以内に自分のボールを見つけていれば、実際にプレーするのは5分を過ぎていてもかまわない。問題はボールを見つけるまでの時間であって、ストロークを行うまでの時間ではない。

そこでこのケースだが、やはり「事実問題として、ボールを発見した時点で(探し始めから)5分経過していたのか、いなかったのかである」としか答えようがない。

もし過ぎていたのであれば、そのボールは既に「紛失球」であり、結果、プレーヤーは「誤球」をプレーしたことになる。2罰打を付加したうえ、正球をプレーし直さなければならない(なお、誤球のプレーはスコアにはカウントされない)。

そして、このケースの正球とは、「紛失球」の処理をすること。つまり、さらに1罰打を付加したうえで、そのボールを最後にプレーしたところまで戻って打ち直しをすることになる (詳細は第2問の答えを参照)。

【参考定義33、規則15ー3】

<ポイント>
5分という制限時間は球を見つけるまでのもの。スロープレー防止は当然だが、打つ準備をする時間は十分に許されている

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!