同伴競技者と互いに相手の球を誤球のプレー|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 同伴競技者と互いに相手の球を誤球のプレー

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問同伴競技者と互いに相手の球を誤球のプレー

 いつも自分より飛ばない同伴者が第2打を先に打ち、自分が後から打ったところ、それが誤球で、互いのボールを打っていました。彼が「こっちが私のだから」と先に打ったので確認しなかったのですが、どう処理すれば良かったのでしょうか?

回答「誤球のプレー」を免れることはできず2罰打の付加

 そこまで第2打はすべて手前に落ちた同伴プレーヤーが先にプレー。だからそのホールでも、同伴者が「私のは、こっちだね」と先に第2打を打ち、プレーヤーのほうもボールを確認せず続けてプレーした。ところが、グリーン上で互いに相手のボールを打っていたことに気が付いた。二人とも同じ銘柄(ロゴマーク)のボールを使用していたので、気づかなかったというのだ。

 もちろんこれは両者が「誤球のプレー」となる。同伴競技者が先に自分のボールを打ってしまったからといって、プレーヤーの「誤球のプレー」を逃れることはできない。「競技者が誤球に対して1または複数のストロークをした場合、競技者は2打の罰を受ける」(規則15-3b)。この場合、誤球でプレーされたストロークスコアにカウントされない。 

 そのうえで、両プレーヤーは自分の正しいボールでプレーし直さなければならない。次のホールのティショットを行う前(最終ホールではグリーンを離れる前)に、正しく訂正をしなかったときは競技失格となる。その訂正だが、同規則に「誤球が他の競技者の球であった場合、その球の持ち主は誤球のプレーが最初に起きた箇所に球をプレースしなければならない」とある。

 ショット跡から誤球をした箇所が確定できればプレースすればよいが、場所が確定できないときは、規則20-3cによりスルーザグリーンでは、球があった箇所にできるだけ近い所にドロップしなければならない。


【結論】
ラフから打つ場合は、必ず自分のボールかどうか確認しよう。先に自分のボールを誤球した同伴者のせいにはできない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!