グリーン上のパットのライン上に霜があるときの処置|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > グリーン上のパットのライン上に霜があると

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問グリーン上のパットのライン上に霜があるときの処置

 朝早い組のスタートで、グリーンの一部に霜が降りていました。もし、パットのライン上に霜があった場合は、払いのけることが可能なのでしょうか? あるいはカジュアルウォーター扱いにすることはできるのですか?

回答救済の対象にならない自然物としてそのままプレー

 冬の早朝のグリーン上には、うっすらと露が光ったり、あるいは大気中の水蒸気が直接凍って霜が降りることも珍しくない。

 それに対して、ボールのコロがりに影響するからと、ライン上の露や霜を払い除けると、プレーの線の改善に当たり、2罰打となる。ライン上、あるいはボールの周囲に降りた露や霜は、そのまま、あるがままでプレーをしなければならない。なぜならば、ゴルフ規則の用語の定義を見ると、まず「カジュアルウォーター」の定義には、「雪と自然の氷(霜は除く)は、プレーヤーの選択でカジュアルウォーターかルースインペディメントとして扱うことができる。人工の氷は障害物である。露と霜はカジュアルウォーター ではない」と規定されている。

 また、「ルースインペディメント」の定義にも、同じく、「雪と自然の氷(霜は除く)は、プレーヤーの選択でカジュアルウォーターかルースインペディメントとして処理することができる。露と霜はルースインペディメントではない」と規定されるのだ。

 つまり、露と霜は、救済の対象にならない自然物であり、そのままの状態でプレーしなければならない。


【結論】
冬のグリーンは、夜になるとシートで覆われる。ただ、覆いきれなかった部分には翌朝に霜が降りることが珍しくない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!