ラフからの救済のドロップはラフに限るのか|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ラフからの救済のドロップはラフに限るのか

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ラフからの救済のドロップはラフに限るのか

 「動かせない障害物」からの救済をする際、同伴者がラフにあったボールをフェアウェイに出していました。バンカー内からはバンカーの外に出せませんよね。それならラフからも出してはいけないと思うのですが…。

回答規則上はラフとフェアウェイは分けて規定されていない

 動かせない障害物からの救済を規定した規則24-2bには次のようにある。「球がスルーザグリーンにあるときは、プレーヤーは罰なしにその球を拾い上げて、(a)救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、(b)救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない。救済のニヤレストポイントはハザード内やパッティンググリーン上であってはならない。救済のニヤレストポイントから1クラブレングスの範囲内に球をドロップする際、球は動かせない障害物による障害が避けられ、しかもハザード内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければならない」

 ということで、救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、かつそれよりもホールに近づかないところにドロップすること。そして、ドロップのボールは、救済を受けた障害が避けられる、ハザード内でもグリーンでもないところに落ちなければならない。以上の条件を満たしておれば、ドロップ箇所はラフフェアウェイも問われないということだ。

 規則上、ラフフェアウェイも同じスルーザグリーンであり、基本的に分けて規定されることはない。つまりラフにあったボールを救済する際、フェアウェイドロップしても問題ない。


【結論】
ラフフェアウェイは規則上、分けて規定されていない。ルールに則れば、ラフにあったボールをフェアウェイに出しても問題ないのだ

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!