リプレースした球がマークを拾い上げる前に風で動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > リプレースした球がマークを拾い上げる前に

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問リプレースした球がマークを拾い上げる前に風で動いた

 グリーン上でボールをリプレース。マークを拾い上げようとしたところ、吹き付けた風でボールがコロがってしまいました。マークはそのままだったので、動いたボールを拾い上げ元の位置に戻しました。間違いだったでしょうか?

回答ボールは既にインプレーなので違反になる

 まず、グリーン上でリプレースしたボールは、規則20-4の規定により、プレーヤーがボールを元の位置に置いて、手を離した瞬間にインプレーのボールとなる。その場合、マークを拾い上げようが、上げまいが関係ない。

 だから、このケースでもプレーヤーのボールは既にインプレーになっている。そして、そのボールが風で動かされたのだが、風は局外者ではないのであるがまま、つまり、動いて止まった先から次のストロークをしなければならない。

 ところが、ここではプレーヤーが動いた(インプレーの)ボールを拾い上げ、マークが残っている箇所まで動かしたことになる。それゆえ、プレーヤーは規則18-2a「規則によって認められる場合を除き、プレーヤーの球がインプレーの場合、プレーヤーが球を拾い上げたり動かしたとき」の違反に当たり、1打の罰打が付加される。

 さらに、動かしたボールはリプレース(この場合は風で動いて止まった場所に)しなければならない。にもかかわらず、それを怠り、マークが置いてあった場所からストロークを行うと、さらに1打罰の計2打罰となる。ついやってしまいがちな間違いなので要注意。


【結論】
ボールはリプレースされた瞬間にインプレーとなる。その後に風で動いたとしても、元の位置に戻してはならない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、石川遼ら出場! 「全米オープン」のリーダーボード
松山英樹、石川遼、今平周吾、金谷拓実が出場! 海外メジャー「全米オープン」のリーダーボードはこちら。
松山英樹、石川遼ら出場! 全米オープンの組み合わせ
松山英樹、石川遼、金谷拓実、今平周吾が出場。「全米オープン」の組み合わせ表はこちら。
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
【全米OP】松山英樹のプレー詳細は一打速報でチェック!
「全米オープン」に挑む松山英樹。プレーの詳細を一打速報でチェックしよう!
「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせ
国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」の組み合わせはこちら。
シブコが出場! 米国女子ツアーのリーダーボード
渋野日向子ら出場! 米国女子ツアー「キャンビア・ポートランド・クラシック」のリーダーボードはこちら。
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!