泥まみれで、自分のものなのか確認できない球の処理|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 泥まみれで、自分のものなのか確認できない

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問泥まみれで、自分のものなのか確認できない球の処理

 雨でドロドロのフェアウェイに止まったボールが泥だらけで、自分のものか確認できない状態でした。そこで、拾い上げて泥をふき取る際、必要以上にふき取り過ぎてしまいました。罰則はあるのでしょうか?

回答必要な程度以上に拭くことは許されていない

 このケースは規則12-2「球の確認のための拾い上げ」の手順どおりに処理しなければならない。

 「プレーヤーは、球を拾い上げる前に、マッチプレーでは相手、ストロークプレーではマーカー同伴競技者に球を確かめる意思を前もって知らせて、その球の位置をマークしなければならない。そのあとプレーヤーは、相手やマーカー同伴競技者に球の拾い上げとリプレースに立会う機会を与えれば、球を拾い上げて自分の球であるかどうかを確めることができる。この規則(規則12-2)により球を拾い上げる場合は、球の確認に必要な程度以上に球をふいてはならない」

 しかし、この規定に反したときは、「その球がプレーヤーの球であり、プレーヤーが前記の手続きを全て、または、1つでもふまなかったり、正当な理由がないのに確認のために球を拾い上げた場合、プレーヤーは1打の罰を受ける。拾い上げた球がプレーヤーの球であった場合、プレーヤーはその球をリプレースしなければならない」と規定している。なお、このリプレースを怠ったときは、規則12-2違反の一般の罰として、2罰打の付加となる。

 また、ボールを確認するために付着した泥をふき取ることは、規則21でも「自分の球であるかどうかを確かめるため。ただし、この場合には、確かめるために必要な範囲で球を拭くことができる」と認めている。このとき「拭きすぎた」からと、泥を付け直しても、罰を逃れることはできない。


【結論】
雨の日には、それなりに救済を受けられる場合がある。ただ、救済を受ける際は、守るべき手順をふむこと

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」結果
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の結果はこちら
欧州男子ツアー結果
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の結果はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!