フェアウェイ上でボールを取り出し、パットの練習をした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > フェアウェイ上でボールを取り出し、パット

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問フェアウェイ上でボールを取り出し、パットの練習をした

 グリーンが空くまでフェアウェイで、新しいボールを同伴者のパターでコロがしていました。ところが同伴者がルール違反と指摘。でも自分では暇つぶしのつもり。しかも同伴者のクラブなのに練習とみなされるのでしょうか。

回答ホール間では例外的に許される場所があるが…

 プレーヤーは、1ホールのプレー中に、実際にボールを打つ練習ストロークをしてはならない。これに違反すると規則7-2違反で、2罰打の付加となる。もちろん「他人のクラブを使っていて、しかも暇つぶしであって練習ではない」という言い訳が通用しないのは言うまでもない。立派な練習と見なされる(本人の意識と無関係に)ので注意しよう。

 ただし、ホール間では、例外的に以下の3か所で「パッティングやチッピングの練習をすることができる」とされている。
a「最後にプレーしたホールのパッティンググリーン
b「練習パッティンググリーン
c「そのラウンドの次のホールのティーインググラウンド

 基本的にプレーを待つ間は、実際にボールを打つ練習ストロークではなく、素振りである練習スイングにとどめること。また、規則7-1bには「ラウンドのスタート前に、最初のティーインググラウンド上や、その近く、または指定練習区域でパッティングやチッピングの練習をすることは許される」とされていることも付け足しておこう。


【結論】
グリーンが空くのをフェアウェイで待つのはよくあること。“暇つぶし”とはいえ、ボールを打てば練習と見なされるので注意しよう

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!