同伴プレーヤーが自分のマークを誤って蹴とばした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴プレーヤーが自分のマークを誤って蹴と

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴プレーヤーが自分のマークを誤って蹴とばした

 グリーン上で同伴競技者のひとりに、自分のボールマーカーを誤って蹴とばされてしまいました。そこで彼は、「このへんだったかな」といってマークをリプレースしたのですが、あの処理で良かったのでしょうか。

回答リプレースは局外者でもできるが、プレースはプレーヤー

 ストロークプレーでは、同伴競技者は「局外者」に当たる。その局外者がプレーヤーのボール、あるいはボールマーカーを誤って動かしたとしても、誰にも罰はない。

 また、動かされたボールやマーカーは、規則18-1により「リプレースされなければならない」のだが、その場合は規則20-3aに、「規則に基づいてリプレースされなければならない球は次の人がリプレースしなければならない」として、プレーヤーのほかに、「その球を拾い上げた人、動かした人」が規定されている。

 それゆえこのケースでも、マークを誤って蹴とばした同伴競技者が元の位置にリプレースしたのであれば違反はない。

 しかし、「このへんだったかな」とリプレースしたことにはやや疑問がある。実際問題として、それが規則20-3cが規定する「プレースリプレースする箇所を確定できない場合」であれば「球をプレースリプレースすべき箇所を確定できない場合は、次の処置をとらなければならない」という規定に従い、グリーン上では「ハザード以外の場所で、球があった箇所にできるだけ近い所に、その球をプレース」しなければならない。そして、プレースの際は先の規則20-3aにより、プレーヤー自身がプレースしなければならないことになっている。

 にもかかわらず、それを怠ったときはプレーヤーに2罰打の付加となる。もちろん、「このへんだったかな」と口にしながらも、元の地点が確定でき、リプレースされていたのであれば問題はない。


【結論】
同伴者のボールマーカーを誤って動かしてしまっても無罰だが、その後の処理には注意したい

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場 「全米プロ」のリーダーボード
松山英樹が出場する海外メジャー「全米プロ」のリーダーボードはこちら
松山英樹、石川遼が出場 「全米プロ」の特設ページ
松山英樹、石川遼が出場する海外メジャー「全米プロ」の特設ページはこちら!
【全米プロ】松山英樹の一打速報でプレー詳細をチェック!
「全米プロ」で松山英樹のプレーを一打速報でチェック!
米女子ツアー再開2戦目 「マラソン・クラシック」のリーダーボード
米女子ツアー再開第2戦「マラソン・クラシック」のリーダーボード
締めは渋野日向子!AIG女子OPの動画がカッコいい
AIG女子オープンのプロモーション動画が完成。渋野日向子Vの感動がよみがえる!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
河本結とティモンディが…超異色対談!?【動画付き】
河本結が人気お笑い芸人のティモンディと“超”異色対談! 全5回の動画を丸ごとチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!