グリーン上でマークをせずに球の向きを変えた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > グリーン上でマークをせずに球の向きを変え

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問グリーン上でマークをせずに球の向きを変えた

 グリーン上で同伴プレーヤーのひとりが、ボールをリプレース後、マークを拾い上げてから、ボールに描いた線(アライメント)を合わせるために、ボールに触って向きを変えました。

位置は変わってないのですが、問題ないのでしょうか?

回答インプレーの球に触れたことになり1打罰となる

 プレーヤーは規則16-1bにより、グリーン上ではボールを拾い上げて拭くことができる。もちろんその場合は、「球の位置は拾い上げる前にマークしなければならず、拾い上げた球はリプレースされなければならない」(規則16-1b)として球の位置をマークすることが義務付けられている。

 同じく、規則20-1「球の拾い上げとマーク」でも、「リプレースを要する規則により球を拾い上げる場合は、拾い上げる前にその球の位置をマークしなければならない」と規定している。

 そして、反対にその球をリプレースするときだが、規則20-4により、「その球はドロップしたりプレースした時に再びインプレーとなる」とある。

 そこでこのケースだが、プレーヤーは拾い上げた球をリプレースしたので、その球は既にインプレーに戻っていることになる。にもかかわらず、マークせずに球に触れたときは、当然「プレーヤーの球がインプレーの場合、故意に球に触れたときは、プレーヤーは1打の罰を受ける」と規定する規則18-2aに違反したことになる。

 球の拾い上げが許されているときであっても、球に触れるだけでもマークはしなければならない。

【結論】
ボールに触れる際は、必ずマークをしなくてはならない。たとえボールを回転させるだけでも、それは同じだ

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

ステップ・アップ・ツアーLIVEフォト実施中!
今週のステップは「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」。熱戦の模様を写真で現場からお届け!
「デサントレディース東海クラシック」の大会フォトギャラリー
現地から直送! 国内女子ツアー「デサントレディース東海クラシック」のLIVEフォトギャラリー。
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!