ティショットを空振り。打ち直しの前に、球の高さを微調整した|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]ティーグラウンド編 > ティショットを空振り。打ち直しの前に、球

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]ティーグラウンド編

質問ティショットを空振り。打ち直しの前に、球の高さを微調整した

 同伴者がお昼にビールをガブ飲み。迎えた後半最初のティショットで見事に空振り…。打ち直す前に、ボールを乗せたままティの高さを微調整していました。

 これって、競技ではペナルティが付くのでしょうか?

回答インプレーの球を動かしたことに対する1打罰の付加

 もちろんペナルティが課せられる。まず、ティショットを空振りした時点で、そのボールはインプレーになっている。

 そのインプレーのボールに触れて、動かしたのだから、プレーヤーは規則18-2違反となり、1罰打を付加したうえ、ボールはリプレースしなければならない。

 ところが、ここではプレーヤーはリプレースをせずに、動かした箇所からそのままティショットを行っている。

 この場合、本来であれば同規則違反で2打罰となるところだが、R&Aは次のような裁定を下している。「(プレーヤーは)ストロークと距離の罰のもとにプレーしたことになる(規則27-1a)。この処置は規則18-2aに優先し、規則18-2aの罰は適用とならない」。

 つまり、プレーヤーはリプレースを怠って、移動した先から第3打をプレーしたが、それは「いかなるときでも、プレーヤーは1打の罰のもとに、初めの球を最後にプレーした所のできるだけ近くで球をプレー(ストロークと距離の罰に基づく処置)することができる」と規定する規則27-1aに従ってプレーしたと解釈され、リプレースを怠ったことに対する2打罰は課せられないということだ。


【結論】
空振り後にティの高さを変えるのはルール違反。1罰打が課せられるので注意しよう

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!