空振り後、振り戻したクラブがボールに当たり、ボールはOBエリアへ|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 空振り後、振り戻したクラブがボールに当た

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問空振り後、振り戻したクラブがボールに当たり、ボールはOBエリアへ

 OBギリギリのラフの中で空振り。悔しさもあって勢いよく振り戻したクラブがボールをヒット。ボールは、なんとOBエリアにまで飛んで行ってしまいました。

ストロークしたわけではないので、OBにはならないと思うのですが…。

回答ストロークはしていないのでOBにはならない

 まずは、クラブの振り戻しは、質問文にもあるように「ストローク」をしたことにはならない。

なぜなら、規則上、ストロークとは、「球を打って動かすという意思を持って行われたクラブの前方への動きをいうが、クラブヘッドが球に届く前にプレーヤーがダウンスイングを自分の意思で途中で止めたときは、プレーヤーはストロークを行ったことにはならない」と定義されているからだ。それゆえ今回の質問の場合、ストロークについては、空振りの1打だけがカウントされる。

 次に、プレーヤーがインプレーの自分のボールを誤って動かしたことに対する罰だが、もちろん規則18-2a「プレーヤーにより、止まっている球が動かされた場合」の違反で、1罰打が課せられる。そして、その動かしたボールは、「その球はリプレースされなければならない」という同規則の規定に従って、リプレース。ただし、そのOBはプレーヤーがストロークをした結果ではないので、OBペナルティ(1罰打)は付かない。

 つまり、空振りと合わせて2打罰で、リプレースしてプレーを続けることになる。なお、OB区域にまで飛ばしたボールがすぐに取り戻せない場合には、別の球に取り替えることができる(規則18の注)。

 ちなみに、このケースでOBと勘違いして処理した場合だが、最終的にプレーヤーは元あったところにリプレースではなく、ドロップしたことになる。そのときは、単に規則18に違反したことになるので、2打罰。つまり、空振りの1打と合わせて、3打を加えることになる。


【結論】
空振りした後の振り戻しでうっかりボールがOBゾーンに飛んでも、OBにはならない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!リーダーボードや出場選手情報をチェック!
人気女子プロから年賀状が届くかも!?
渋野日向子ら人気女子プロから年賀状が届くチャンス!応募はこちらから
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!