パットしたボールが、カップに差してあったピンに触れずに入る|ゴルフのポータルサイトALBA.net

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > パットしたボールが、カップに差してあった

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問パットしたボールが、カップに差してあったピンに触れずに入る

 カップに寄せるつもりで、ピンをカップに差したままグリーン上から打った超ロングパットが、最後のひとコロがりでカップにコロンと沈みました。

その際、ボールはピンに触れなかったと思います。それでも違反でしょうか?

回答ホール内でボールがピンに触れずに止まることはありえない

 適用されると思われる規則は前問と同様、規則17-3である。「プレーヤーの球は次のものに当たってはならない」として3項目が規定されているのだが、その3番目に「球がパッティンググリーン上でストロークされた場合で、ホールの中に立っていて人に付き添われていなかった旗竿」とある。

 つまり、グリーン上からパットしたボールがカップに差したままになっているピンに当たると、2打罰になるということ。

 ところがこのプレーヤーは「ボールはピンに当たることなくホールインした」というのである。だが、このような主張に対して、R&Aは次のように裁定している。「受け容れられない。球がホール内に停止するまでは『ホールに入った』ことにはならない(定義27「ホールに入る」参照)。旗竿がホールの中に立っている場合、旗竿に当たらずに球がホール内に落ちて停止するというようなことは不可能なことである」

 確かにカップの入り口ではピンに触れずにホール内に落ちたとしても、「ホールイン」とは、ホール内でボールが完全に止まった状態をいう。ホールに落ちたボールは底でバウンドするなどして、ピンに当たらずに止まるということはありえない。残念ながら、2打罰である。

 グリーン上からパットするときは、どんなに距離があっても、あらかじめピンを抜いておくか、パットをしたあと抜いてもらうよう、誰かにピンに付き添ってもらうことだ。


【結論】
ロングパットで「どうせ入らない」と思っても、必ずピンは抜こう。万が一にカップインしても、素直に喜べなくなってしまう

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹が出場! 「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボード
米国男子ツアー再開4戦目「ロケット・モーゲージ・クラシック」のリーダーボードはこちら!
世界トッププロの連続写真を徹底解説!【超一流のスイング術】
松山にタイガーにマキロイ! 超一流たちのスイングを井上透氏が徹底解説!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
春に着たかった! 女子プロ勝負ウエアコレクション
「これを着てプレーしたかった!」という、お気に入りの“勝負ウェア”をコメントとともに披露!
あなたの上達手伝います プロキャディからの助け舟
一番近くでプロゴルファーのプレーを見ているプロキャディに、アマチュアゴルファーのスコアアップにつながる“アドバイス”を聞いた!
【レッスンコミック】宮里道場を期間限定で公開中!
ステイホーム中はレッスンコミックでうまくなりましょう。期間限定で宮里道場を公開中!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!