左手で傘をさしたまま右手で短い距離のパットをタップインした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 左手で傘をさしたまま右手で短い距離のパッ

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問左手で傘をさしたまま右手で短い距離のパットをタップインした

雨のなかでのゴルフ。同伴プレーヤーのひとりが、左手で傘をさしたまま、右手だけで短い、タップインするようなパットを行いました。

この場合のさした傘は、ルールで禁止されている「保護」に当たらないのでしょうか?

回答「他の人」ではなく、自分で自分を保護しているのでかまわない

 規則14-2「援助」で禁止しているのは、援助を「他の人から受けること」。だから、例えばキャディに傘をさしてもらったままストロークすることはできない。しかし、このケースのように風雨からの保護を、自分自身で行いつつストロークをすることは禁止されていない。

 確かに、傘をさしたままのストロークは、何かおざなりにプレーしているように見え、感心できない。しかし、規則に反するものではない。

 ところで、R&Aの裁定には、このケースのように「他の人から」ではなく、「自分自身」で保護行為を行った場合でも、同規則違反となる事例がある。それは、まぶしい太陽をさえぎるために、自分のキャディバッグを自分で太陽の方向に置いて、陰にしてストロークしたというケースだ。

 それに対してR&Aは、「プレーヤーはゴルフバッグに触れていないために、規則14-2に違反して気象条件からの保護を受けることになる」と違反の裁定を下している。つまり、規則14-2で禁止している「援助」とは「他の人」だけではなく、直接自分が持っていない、あるいは触れていない「モノ」からの援助も含まれることになる。

 ちなみに同裁定では、日光をさえぎるように人を配置したり、モノを置くことはもちろん違反になるが、既に太陽をさえぎる位置にいる人に対して、そのまま動かないように依頼したり、逆に陰にならないよう移動してもらうことは許されるとしている。

【結論】
雨の中では傘をさしてのプレーになる。プロはまずしないが、片手で傘を持ち、片手でタップインしても、規則には反しない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
初日ペアリング
「エリートグリップシニアOP」が今週開幕! 初日のペアリングはこちら
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!