同伴競技者のライン上に作ったピッチマークをマナーと思い修理|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > 同伴競技者のライン上に作ったピッチマーク

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問同伴競技者のライン上に作ったピッチマークをマナーと思い修理

同伴プレーヤーの球がグリーン手前にショート。ところが、カップまでのライン上、カラーの部分に自分が先に打って作ったピッチマークがありました。
マナーと思い、それを修理したのですが、違反だったのでしょうか?

回答同伴プレーヤーにとってはオリジナルのライなので改善はできない

 残念ながら、このケースは規則1ー2「球に影響を及ぼす行為」で禁止されている「プレーヤーもキャディも、球の位置や動きに影響するような行動は一切してはならない」という規定に反したことになり、2打の罰打が付加される。

 この状況で、カラーにできたピッチマークをプレーヤーではなく、同伴プレーヤー側が修理した場合は、もちろん規則13-2「球のライや、意図するスタンススイングの区域、プレーの線の改善」の規則に違反したことになり、2打罰となる。

 なぜなら、そのピッチマークは同伴プレーヤーがプレーする(直前ではあるが)以前からあったオリジナルのライである。そのため、それをならすことは、不正な「プレーの線の改善」にあたる。ただ、グリーン上のボールマークが修復可能なはのは言うまでもない。

 ちなみに、反対に同伴プレーヤーが先にショットしたあと、そのライン上にできたピッチマークであれば、どのプレーヤーもオリジナルのライからプレーする権利を有するという「公正の理念」に従って、そのピッチマークは修理することができる。

 だが、このケースのようにプレーヤー側が、「マナーと思った」とはいえ、同伴プレーヤーのプレーに影響を与えるようなライン上の改善は、やはり違反とされる。


【結論】
ボールがグリーンの外にある場合、ライン上のピッチマークは例えカラーであっても直すことは許されない

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「伊藤園レディス」ライブフォト
今シーズンも終盤戦!「伊藤園レディス」の写真を現地からお届け!
「エリートグリップシニアOP」
リアルタイム速報
「エリートグリップシニアOP」が開幕! オジサンたちのアツい戦いを見逃すな!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
「三井住友VISA太平洋マスターズ」ライブフォト
「三井住友VISA太平洋マスターズ」の様子を現場からお届けします!
米男ツアー「マヤコバ ゴルフクラシック 」速報
小平智が出場する「マヤコバ ゴルフクラシック」の速報はこちら
川村昌弘が出場! 欧州男子ツアー速報
川村昌弘が出場する欧州ツアー「ネッドバンクゴルフチャレンジ hosted by ゲーリー・プレーヤー 」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!