動かせない障害物からの救済のドロップをすると別の障害が…。|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > 動かせない障害物からの救済のドロップをす

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問動かせない障害物からの救済のドロップをすると別の障害が…。

カート道路上からの救済のドロップですが、ニヤレストポイントは道路の左側なので、そちらにドロップと思ったのですが、その場合、立ち木を支えるロープがスイングの障害に。それでも左側にドロップするのでしょうか。

回答新たな障害が生じると分かっていても、規則が定める所にドロップ

 質問によれば、そのカート道路上に止まったボールの「救済のニヤレストポイント」は、道路の左側だが、それは右側でドロップできる地点よりもわずかに近いだけだったという。であれば、初めから立ち木を支えるロープが障害になると分かっている左側ではなく、右側にド ロップしてもいいのでは?という内容だ。    しかし、規則は規則。この場合のプレーヤーは規則24-2b「動かせない障害物からの救済」の規定に従い、「救済のニヤレストポイント」をスルーザグリーン上に求め、そこから1クラブレングス以内で、「救済のニヤレストポイ ント」よりもホールに近づかないところにその球をドロップしなければならない。    ドロップした時点で、そのボールはインプレーとなる。  そして、引き続き、そのボールをストロークしようとしたとき、別の新たな障害があれば、そこで改めてその障害からの救済を選択することができる。この場合は、新たな動かせない障害物からの救済となる。    ちなみに、ドロップしたボールが再度、同じカート道路が障害になる位置に止まったときは、規則20-2c「再ドロップを要する場合」の規定により再ドロップをしなければならない。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山・石川らが出場 「WGC-メキシコ選手権」速報
松山英樹、石川遼らが出場する「WGC-メキシコ選手権」の速報はこちら
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」リーダーボード
小平が出場する「プエルトリコ・オープン」のリーダーボードはこちら
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館をチェック!
渋野日向子ら人気選手の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトをチェック!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
こんな時どうする!?
戸張捷のルール&マナー
こんな時どうする!? プレー中のトラブル処理法を戸張さんが分かりやすく解説!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
気になる隣のゴルファー事情
何でもアンケートを結果をもとに、アマチュアゴルファーの最新トレンドが丸わかり!
2020年はゴルフ旅行に出かけよう!
ALBA.Netではゴルフ旅行の情報も満載! 2020年はゴルフ旅行に出かけよう!