ピッチマークに入ったボールを拾い上げた後、泥を芝草でふき取った|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]スルーザグリーン編 > ピッチマークに入ったボールを拾い上げた後

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]スルーザグリーン編

質問ピッチマークに入ったボールを拾い上げた後、泥を芝草でふき取った

雨上がりでぬかるんだフェアウェイに、ティショットのボールがそのまま突き刺さっていました。そこで、救済のドロップをしたのですが、その際に泥まみれになったボールを足元の芝にこすって拭いたのですが、違反ですか?

回答この場合のボールは 救済のドロップをする前に拭くことができる

 長雨や霜解けのあと、大量の水分を含んで緩んだフェアウェイに打球がダイレクトに突き 刺さることがある。いわゆる自分のピッチマー クに入ったボールだが、この場合は規則25-2により救済のドロップが受けられる。  「スルーザグリーンの、芝草を短く刈ってある区域で、球がその勢いで自ら地面に作った穴にくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げてふき、ホールに近づかず、しかも球のあった箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。ドロップの際、球はスルーザグリーンのコース上に直接落ちなければならない。「芝草を短く刈ってある区域」とは、フェアウ ェイの芝の長さかそれより短く刈ってあるコース上のすべての区域(ラフを通り抜ける通路を含む)をいう」と規定されており、この場合のボールは泥や汚れを拭くことができる。  もちろん芝でボールを拭くことで、ドロップ地点のライの改善になったり、スタンスやスイ ング区域の改善になった場合は違反となるが……(規則13-2違反で2打罰)。  ちなみに、打球ではなく、規則に従ってフェアウェイドロップしたボールが、そのまま地面に突き刺さった場合も、この規則による救済を受けることができる(R&A裁定)。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」ライブフォト
「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の様子を現場からお届けします!
プレジデンツカップ 特設ページ
2年に1度の対抗戦「プレジデンツカップ」が12月12日に開幕!大会情報を特設ページでチェック
米男ツアー「ヒーローワールドチャレンジ」速報
タイガー・ウッズらトッププロが集結!「ヒーローワールドチャレンジ」の速報はこちら
欧州男子ツアー速報
欧州ツアー「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」の速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!