グリーン上にリプレースした球がライン読みの最中、自然に動いた|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > [旧ルール]パッティンググリーン編 > グリーン上にリプレースした球がライン読み

戸張捷のルール&マナー

[旧ルール]パッティンググリーン編

質問グリーン上にリプレースした球がライン読みの最中、自然に動いた

グリーン上、かなり急な傾斜の途中に止まったボールをリプレースマーカーを置いたままの状態でラインを読んでいたところ、急な突風でボールが傾斜を転がってしまいました。この場合はどのように処理すれば?

回答マークを置いたままでもボールはインプレーで次打は動いた先から

 まず確認しなければならないのは、ボールをリプレースはしたが、まだボールマーカーを拾い上げていない状況で、 そのボールはインプレーになっているのか、という点だ。  再度、規則20-4には「プレーヤーのインプレーの球が拾い上げられていた場合、その球はドロップしたりプレースした時に再びインプレーとなる」と規定されており、マーカーを拾い上げようが、そのままにしてあろうが関係なく、ボールを元の位置に置き、手を離した瞬間、 そのボールはインプレーなのである。  そして、そのボールが風によって動かされたというのだが、風は「用語の定義」により、局外者ではない。そのため、風によってボールが動かされても、規則18「止まっている球が動かされた場合」の規定には関係なく、ボールはあるがまま、コロがって止まった先から次のプレーを行わなければならない。 にもかかわらず、慌ててそのボールを拾い上げ、元の位置(マーカーの置いてある位置)に戻し、さらにストロークを行った場合は、規則20-7「誤所からのプレー」で違反とされる、「動かされた球のリプレースを規則が求めているときに、プレーヤーが自分のインプレーの球に対してプレーを行った場合」に該当するため、2打の罰打が課せられる。  ただし、一旦、ボールを元の位置に戻したが、ストロークをする前に正しい位置(風で動かされた先)にリプレースした場合は、規則18-2違反のみで、1打のペナルティにとどまる。

※このルールは2018年12月31日までのものです。

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

米男ツアー「トラベラーズ選手権」速報
小平智が出場する「トラベラーズ選手権」速報はこちら
2019年新ルールはここが変わった!
2019年に大幅に改定されたゴルフの新ルールを分かりやすく紹介。各エリアごとや競技志向のゴルファーが知っておくべきルールをチェック!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
TeamDELiGHTWORKS×ALBA.Net SPECIAL CONTENTS
臼井麗香ら「Team DELiGHTWORKS」を応援するスペシャルサイト。最新フォトやニュース随時更新!応援メッセージを送ってチームメンバーを応援しよう!
トークショーや新作ギア発表会
フォトギャラリー
プロが登壇したトークショーや新作ギア発表会のフォトギャラリーをお届けします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!