2014
Speeder EVOLUTION 2014年、飛びの常識を超えた「飛常識」の青エボ誕生。
2015
Speeder EVOLUTION II 2015年、金属を複合してEVOの弾きに安定感をプラスした、オレンジエボ完成。
2016
最先端のテクノロジー&素材を駆使それは「青エボ」以上の弾き感と、「オレンジエボ」の安定感の融合。軽快に振り抜ける「赤エボ」で過去の自分をオーバードライブせよ!
マーク金井
「シャフト選びの極意」自分にピッタリのモデルを見つけるために知っておくべきこと
  • 飛ぶシャフトは存在しない重要なのは自分の馬力を出せるか否か
  • 感性とシンクロするしなりで軽快に弾き飛ばす!
  • マーク金井おすすめ!重量別「EVOIII」最適ヘッド

飛ぶシャフトは存在しない

重要なのは自分の馬力を出せるか否か

最高のシャフトと出合うためのポイントは「まず、自分に合う重さと硬さを知ること」とマーク氏。
2つがマッチしていなければ、飛距離を伸ばすどころかスイングを崩す原因になってしまう!

マーク金井
ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。豊富な知識とシングルの腕前でクラブ、シャフトを試打、分析する。クラブアナリストとしてゴルフ雑誌やネットで活躍し、最近は自身でゴルフギアをプロデュースするなど活躍の幅を広げている

「順しなり」と「逆しなり」シャフト挙動を理解しよう

「シャフトの役割はプレーヤーのポテンシャルを引き出すこと」とマーク金井氏。自分の筋力、スイングにマッチするシャフトを選べば、能力が最大限に引き出され、飛距離アップやミート率アップにつながるという。最適シャフトと出合うために、まず重要なのが重量だ。「正しいトップの位置に収まらない人は、スイングを直す前にシャフト重量を疑ってください」。

続いてはフレックス。「『硬さ』の基準はメーカーごとに異なります。ちなみに、『長さ』は測定法が2通りあり、比べてみると長さが違う場合があります。つまり、重さ、硬さ、長さともに表記だけに頼るのは危険。実際に試しましょう」。

STUDY 1

重さ、硬さが合わないとスイングが乱れる

  • オーバースイング

    シャフト重量が重すぎるとバックスイングの勢いに負けてオーバースイングになりやすい。リバースピボットになってしまい、理想的な重心移動ができなくなる。

  • トップが浅くなる

    軽いシャフトを使うと、手先だけでクラブを上げやすくなるほか、トップの位置が浅くなる可能性が高くなる。ダウンスイングで十分なパワーが生み出せない。

  • タメが作れない

    「硬い」と感じると、リリースが早くなったり、アウトサイド・イン軌道になりやすい。フレックスをひとつ下げて試すと、しなりを感じてスイングが安定しやすい。

次はしなり方のチェックだ。ポイントはタイミング。トップから切り返しの“順しなり”とインパクト前の“逆しなり”がスイングとシンクロするかを重視しよう。「逆しなりとインパクトのタイミングが合うと〝キック”が入って10Y以上は飛距離が伸びますよ」。

しかし、切り返しからインパクトまでは約0.3秒しかないため、そのタイミングをコントロールするのは不可能に近い。「ですから、順しなりのしなり量、スピード感で逆しなり時のスピード感、動き方を予想するわけです。その予想がしやすいのがタイミングがとりやすいシャフトということになります」。

そしてマーク氏はこう続けた。「しなりを感じるという意味では、フジクラの『Speeder EVOLUTION III』は、しなって、しなり戻るというシャフトの大原則が分かりやすいモデル。つまり、タイミングが合うため、『+10Y以上』を実現する可能性が高いシャフトといえます」。

マーク金井

STUDY 2

自分のタイミングに“ハマる”のが良いシャフト

「逆しなり」とインパクトが一致すると+10Y!

トップから切り返しでシャフトがしなる動きが「順しなり」。この反動で逆方向にしなるのを「逆しなり」という。「インパクトと逆しなりのタイミングを合わすことで“キック”が入り、10Y以上の飛距離アップが期待できます」(マーク氏)

しなりを感じやすいSpeeder EVOLUTION IIIは「+10Y以上」を実現できる

飛距離アップにもスイング安定にも、シャフトの「しなり」を活かすことは重要です。「Speeder EVOLUTION III」は多くのプレーヤーがしなりを感じやすく、タイミングよく振ることができるため、自分の限界を超える飛距離が期待できます。(マーク氏)

感性とシンクロする

“しなり”で軽快に弾き飛ばす!

特許技術と贅沢素材、太径化で抜群の完成度

マーク氏が「しなりを感じやすく、自分のポテンシャルの限界を超えられる」と絶賛する「Speeder EVOLUTION III」。その性能の高さには確かな理由があった。ひとつはフジクラが持つ特許技術「MCT(メタル・コンポジット・テクノロジー)」だ。グリップ下に銅箔をコンポジットさせて手元側の重量感をプラスすることで、トップから切り返しでしなりを感じやすく、タメを作りやすくなるほか、インパクトで手元の浮きを抑える効果がある。

また、前モデル「Speeder EVOLUTION II」よりもキックポイントを先端側に設定し、先中調子としている点もポイントだ。先中調子は操作性、安定感が損なわれると思いがちだが、「Speeder EVOLUTION III」は歴代シリーズよりもシャフト中間部の径を太くしたため、安定感がアップ。手元への負荷が軽減している。「太いのにしなるポイントが感じられるからタイミングがとりやすい」とマーク氏もこの点を高く評価する。

「スピーダー」シリーズといえば、ウリは“弾き”。前述のように先中調子に設定したことに加え、超高弾性90tカーボンと東レ社の高強度・高弾性素材「トレカ®T1100G」を採用したことで、ダウンスイングの加速感とインパクト初速が最大化。「しなり戻りのスピードが速すぎても遅すぎてもコントロールできなくなりますが、『エボIII』は絶妙の味付けでインパクトとシンクロするんです」と「Speeder EVOLUTION III」の弾き感を表現したマーク氏。

シャフトのしなりとスイングがシンクロする「Speeder EVOLUTION III」は軽快にスイングできるモデル。歴代シリーズの人気機種と比べても完成度は頭ひとつ抜ける存在のようだ。

フジクラの高い技術力から生まれた「MCT」

銅箔をコンポジットさせるフジクラの特許技術。グリップ下に採用したことで、手元が安定してタメが作りやすく、スイングの再現性も高くなる。

高強度&高弾性素材T1100Gを採用

東レ株式会社の高強度・高弾性の炭素繊維「トレカ®T1100G」を採用。超高弾性90tカーボンとの相乗効果で、ダウンスイングの加速感、インパクトの最大化に成功。軽快な振り心地でボールを弾き飛ばせる仕様としている。

マーク金井 IMPRESSION

歴代シリーズと比べても抜きんでた完成度です!

歴代モデルのしなり方を言葉で表現するなら、初代「青エボ」はスピーディ、オレンジの「エボII」はクイック、そして今回の「エボIII」はマイルド。ニューモデルはもっともしなりを感じ、タイミングがとりやすいモデル。飛距離性能はもっとも高く安定感も抜群です。

オフィシャルウェブサイトはこちら