藤田寛之の“レンジローバー愛”が止まらない! 「かっこいい」連発のその想いを聞いた | トレンド ニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > トレンド > トレンド関連コラム > 記事

トレンドTREND Column

藤田寛之の“レンジローバー愛”が止まらない! 「かっこいい」連発のその想いを聞いた

藤田寛之がまるで少年のように語るレンジローバーへの想いとは?

2018年07月12日

 
20年近くレンジローバーに乗り続け、昨年にはジャガー・ランドローバー・ジャパンのアンバサダーにも就任した藤田寛之。「もう乗った期間も覚えていないくらい乗り継いできた」というほど人生の一部にもなっている、愛車の魅力について語ってもらった。

まるで少年のように、レンジローバーへの想いを語る49歳。その“愛”を感じてもらいたい。

レンジローバーとの出会いを教えてください。

藤田:「20年くらい前、もともと師匠の芹澤信雄さんが乗っていたんです。その頃、まだ僕はレンジローバーの存在を知らなかった。芹澤さんをきっかけに知ったのですが、『自分が乗れるようなクルマじゃない』と思っていました。

そんな時、たまたま(そのレンジローバーを)運転する機会があって、『これ、すごくいい!』ってなったんです。

芹澤さんは、よくクルマを買い替えられる方なんですけど、『次に替える時にこのレンジローバーを譲ってください』とお願いをして譲り受けました。新車じゃなければ乗れるんじゃないかと思ったんです(笑)」。

憧れの車に初めて乗った時の気持ちは?

藤田:「『師匠が譲ってくれたから乗れる』という気持ちと、『こういうクルマに乗れた』という感動が湧いてきました。

当時はよく『体が小さいから大きい車にあこがれるんだ』とか言いながら乗っていたんですけど、高速道路で波のない湖をボートがスーっと進むような感覚に驚きました」。

ゴルファーにとってクルマは重要ですよね

藤田:「乗りごこちも非常にいいですし、荷物も乗ります。高速道路もいい条件ばかりではなく、長距離を乗る時に雨が降る場面は多い。でも四駆だし、ボディも大きくて頑丈だから安全性も高いです。移動が多いプロゴルファーとして見ると、仕事面でもいいクルマです」。

安全性、機能性については?

藤田:「そうはいっても安全性、機能性というのは副産物みたいなものなんです。一番最初に乗った時のあの感動や、外見が好き。今でもかっこいいと思うし、新型車が出るたびに欲しくなる。“かっこいい”が先にきます」。

今乗っている車種は?

藤田:「レンジローバーのオートバイオグラフィーです。四駆なので重心が高くて、もともと横ブレが多かったんです。でも横ブレ防止機能がついて、非常に安定しました。それで頑張ってオートバイオグラフィーを買って、乗りました」。

−レンジローバー・ヴェラールが「2018ワールドカーデザインオブザイヤー」を受賞しましたね。
藤田:「ヴェラール、かっこいいですよねー!! でも、自分はやっぱりオートバイオグラフィーなんですよね(笑)」。

−そこは譲れないんですね(笑)
藤田:「レンジローバーってブレないんです。そのブレない部分は、自分のゴルフにも通じるものがある。イギリスの文化かもしれないですけど、頑固なところがいい。

それでいて洗練されたかっこよさが両立している。ヴェラールも興味はありますけど、オートバイオグラフィーが無くなったら、次の選択として出てくるかな(笑)。ずっとレンジローバーの最上級に乗れる自分でありたいという思いもあります」。

−他のモノには目がいかない?
藤田:「奥さんには『イヴォーク』を勧めたりしています(笑)。点検で預けている時にイヴォークを代車で出してもらって、「楽しいなー!」って思いましたし、実際に乗って良さは確認しています。バイオがすごくいいんです(笑)。乗ってもらうと分かってもらえると思うんですけど、すごくいいんです!」

−プラグインハイブリッド(PHV)の新型が出ましたね。
藤田:「20年前からは想像もできないクルマがでましたねー!」

−PHVに興味はありますか?
藤田:「100%興味があるわけではないんですけど、年間通じて2・5〜3・5万キロくらいは走るので、(電気自動車だと)経費削減には繋がるかなとは思いますね(笑)」。

仕事で愛車にたくさん乗れるのはいいですよね!

藤田:「実は、昔はレンジローバーでは試合に行っていませんでした。一番最初にレンジローバーを仕事用で使うってなった時は、『こんな贅沢していいの』と思いました。今でもちょっともったいない気持ちはあるけれど、レンジローバーでクラブハウスにつけると、自分自身が頑張っていることの表現にもなるし、すごくかっこいいと思います」。

−場面を選ばないクルマですよね。
藤田:「短パンTシャツで乗ってもかっこいいし、スーツでもシャツでも…これ、何でもかっこいいんじゃないですかね!?(笑) クルマ自体がかっこいいので、どんな格好しても様になります」。

−それは藤田選手のかっこよさもあるんじゃないですか?
藤田:「(笑)。僕はかっこよくないです。でも、レンジローバーに乗っていると、かっこよく見せてくれますよね。自分自身もそれにふさわしい人間になろうとと思える。僕は20代後半でレンジローバーに乗るようになりましたけど、それに見合う自分になれたかなって、ちょっとは思えます」。

運転席に座る瞬間は今でも興奮しますか?

藤田:「当時は『やっべーな、こんなの乗ってて』と思いましたけど、今は自然に乗れているかも。でも外観を見て、『本当かっこいいよね』とは今でも思っちゃいます。ゴルフ場が似合うんですよね、石畳とか! クラブハウスは、石を使ったイギリス風の建物も多いので、そういう所でレンジローバー見ると、余計かっこよく見えちゃいますよね」。

−とてもレンジローバー愛が伝わってきますが、もっとこうして欲しい部分はありますか?
「うーん…今の時点で大好きですからね。何だろう…。しいて言えば、駐車場に停められたらいいかな都内で(笑)。サイズと重量で停められない所も多いので、それは困るかな」。

−最後に改めてレンジローバーへの思いを一言お願いします。
「これまで通り、時代に合わせてどんどんかっこいいクルマを作ってほしいですね。その度に楽しませてもらえたら満足。自分がいつまで乗れるかは分からないですけど(笑)。でも、乗り続けられる自分であるため、これからもかっこいいクルマを作ってほしいですね」。
1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「マンシングウェアL」の熱戦をライブフォトでもう一度!
「マンシングウェアレディース東海クラシック」のライブフォトで熱戦の模様を振り返ろう!
ステップアップツアー「中国新聞ちゅーピーレディース」ライブフォト
ステップアップツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」開幕。ライブフォトで本戦の様子をチェック!
イ・ボミ、香妻琴乃ら人気女子プロを続々更新中!女子プロ写真館
イ・ボミや香妻琴乃ら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォトを毎日更新中。
大好評!藤田光里の連載コラム【藤田光里のMindTravel】
こんにちは!藤田光里です。ALBA.Netでコラムを連載させていただくことになりました。これからよろしくお願いします!
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
ゴルフがうまくなるアプリ?24時間無料で動画配信中
GOLF Net TVは、「ゴルフを、より身近に、より楽しく」をコンセプトに、魅力あふれるオリジナルゴルフ動画を、多彩なチャンネルで24時間無料配信中
ゴルファーがはくべきゴルフソックスはどれ?
ゴルファーにとってソックス選びを実はとっても重要! ゴルフ専用ソックスの魅力をたっぷり紹介します♪
皆さんに起こったゴルフにまつわるエピソードを募集します!!
皆さんの身の回りで起こったゴルフにまつわるエピソードをメールにてお送りください。写真や動画もお待ちしております〜!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
米女子メジャー戦「エビアン選手権」リーダーボード
今シーズンのメジャー最終戦「エビアン選手権」の速報をチェック! 日本勢の畑岡奈紗、横峯さくら、上原彩子の成績は?
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!