前日まで100%… 片岡大育はバンカーミスで痛恨トリに「悔しい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

前日まで100%… 片岡大育はバンカーミスで痛恨トリに「悔しい」

2018年01月14日17時33分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 T・ホージ -16
2 B・ハーマン -15
  P・キジーア -15
4 K・スタンレー -14
5 C・カーク -13
6 R・ノックス -12
  O・シュナイダーヤンズ -12
8 C・スミス -11
9 テイラー・グーチ -10
  S・ソーンダース -10

順位の続きを見る

バンカーミスが大きく響いた片岡大育、首位争いから後退した

バンカーミスが大きく響いた片岡大育、首位争いから後退した(撮影:GettyImages)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇13日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

痛恨のミスで優勝が遠のいた。米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の第3ラウンド。首位と6打差の12位から上位を追いかけた片岡大育だったが、この日スコアを1つ伸ばすにとどまり、トータル8アンダー・21位タイでフィニッシュ。後半13番パー4でのトリプルボギーが大きく響き、優勝戦線から後退する結果になった。

【関連】伊能キャディ、フルパワー!定番パフォーマンスはアイドル顔負け?

前半を2アンダーで折り返した片岡。後半も出だしの10番パー4で幸先よくバーディを奪ったが、迎えた13番パー4。ティショットをフェアウェイ左のラフに入れると、2打目はグリーン右手前のバンカーへ。「薄めに入ってしまって、トップした」という3打目は、ピンから36ヤード奥のラフへ突っ込んでしまう。4打目もグリーンに乗せることができず、結局5オン2パットので、ホールアウトに要した打数は“7”。痛恨のトリプルボギーを叩き、見えかけていた首位の座が彼方に遠ざかった。

そこまで3日間のサンドセーブ率は100%を誇っていた。それだけに、「あそこで一発、大きなミスをしてしまった。もったいなかった」と唇をかんだ。3日間での平均パット数(パーオンしたホール)は1.606で全体5位と、グリーン上でのパフォーマンスは上位と比べてもそん色はない。「タラレバですけど、(トリプルボギーが)なかったらと思うとやっぱり、悔しさが増します」。手痛いミスに表情を曇らせた。

続く14番、15番でもバーディチャンスをモノにできずにいたが、「(ミスを)取り返したい気持ちを一度、消した」と冷静さを取り戻すと、16番パー4では約3m、17番パー3では約5.5mを沈めてパーセーブ。最終18番パー5では約3mのバーディパットを沈めて最終日につなげた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?